ナベツネから名誉棄損なんて言葉が出るとは噴飯至極な件について

 今日の「お前が言うなw」記事はこれですか、と。流石はご老体。ご自分の過去の発言の数々は、都合よくお忘れになっているらしい。過去の発言ついでに恥と言うモノを忘れられない年齢の神楽には、とてもマネはできませんなあ。

 その癖、清武代表を自分からは追い出さず、「これ以上の内情暴露を封じるため」「同代表の辞職の責任を自分が直接かぶらないため」に身内に置き続けると逃げ道発言するあたり、流石はご老体。老練と言うか姑息でいらっしゃいますなあ。

<巨人>渡辺会長「名誉毀損が多々ある」 清武氏に反論談話

 プロ野球・巨人の清武英利球団代表兼ゼネラルマネジャー(GM=61)が渡辺恒雄球団会長(85)=読売新聞グループ本社会長・主筆=の球団人事への介入を公然と批判した問題で、渡辺会長が12日、反論の談話を発表した。「事実誤認、表現の不当、許されざる越権行為及び私に対する名誉毀損(きそん)が多々ある」として、清武代表に謝罪を求めた。今後の対応については「本人の反省次第」とし、ただちに処分を求める考えがないことを示した。

 渡辺会長は清武代表が「鶴の一言で覆した」と批判した1軍ヘッドコーチ人事について、10月20日に人事案を示されたことは認めたものの、「クライマックスシリーズで惨敗した以上、多少の変更が必要になったのは当然」と反論。清武代表のGMの職を解こうとしたことも、近年の補強面での失敗例を挙げて「GMには適任ではなかった」との考えを示した。そして、今回の清武代表の行動を会社法の「取締役の忠実義務」違反に該当する、と厳しく指摘した。

 一方、清武代表は12日、東京都内の球団事務所で桃井恒和オーナー兼球団社長(64)と話し合った。清武代表は「昨日、申し上げることは申し上げている。今のところ(自身の処遇について)処置はないので、仕事をやるだけです」と語った。週明けからは滞っているコーチ人事に着手するという。

 桃井オーナーは、清武代表が当面、現在の仕事を続けるという認識を示したが、話し合いの内容については「言えない」とした。【立松敏幸】。

(11月12日 毎日新聞)

 しかし、TPP絡みでの政界内での駆け引きといい、今回の巨人内紛といい、主流派と非主流派双方の関係者の本音が露骨過ぎて、どちらの陣営も応援したくなくなるのは困ったもんだ。フラストレーションばかりが溜りやがる。

 ここで「WORKING’!! OPに秋アニメが乱入」を紹介。


D

編集技術と博愛精神に富んだ良MAD。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です