チラシに「20倍濃縮」…やずやの香醋、実は4倍

 健康食品通信販売の最大手「やずや」(福岡市)が、主力商品「熟成やずやの香醋(こうず)」の成分について誤解を招く表現をしたのは景品表示法違反(優良誤認)だとして、公正取引委員会は13日、同社に排除命令を出した。

 この商品はテレビCMでも知られ、昨年度は約290億円を売り上げていた。

 公取委によると、この商品は、中国産米酢の一種である香醋を濃縮してカプセルに詰めたもの。同社は今年1月、全国で配布した新聞折り込みチラシに「20倍に濃縮」と記載していたが、主成分のアミノ酸は4倍に濃縮した程度だった。

 同社は実際に香醋を濃縮していたが、製造工程でアミノ酸の多くが消滅したと考えられるという。

(読売新聞) – 7月13日

 「一つとして同じ香醋は無いそうだから、濃縮度も一つ一つ違うということで…」「わからん!お前の言うことはさっぱりわからん!」

特捜最前線 BEST SELECTION BOX Vol.1【初回生産限定】 [DVD]

「やずや」のCMより本作中の「自分はもうすぐ定年」とかいう台詞の方がよぽど嘘つき(笑)>大滝秀治

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です