セーラー服と痴漢教授

前回もそうだけど、別にここまで晒さんでもええやんか>警察屋サン

植草容疑者起訴、事務所からセーラー服も

 東京地検は4日、電車内で女子高生に痴漢行為をしたとして、東京都迷惑防止条例違反の罪で、元早稲田大大学院教授植草一秀容疑者(45)を起訴した。植草被告は起訴事実を否認し「電車が揺れて手が触れ、勘違いされたのではないか」などと話しているという。電車に乗る前、紹興酒を20杯飲んだとも供述。一方で、植草被告の事務所の捜索で、セーラー服が見つかっていたことも明らかになった。

 植草被告はこれまでの調べに対し、事件直前に紹興酒を約20杯飲んでいたと供述し「酔っていて覚えていない」と否認を続けているという。また当時の状況について「女性が声を上げて、男性が騒いだのは覚えている」「酔っていたので記憶は断片的だが、電車が揺れて手が触れ、勘違いされたのではないか」などと供述。自宅と反対方向の電車に乗っていたことについては「途中で気付いたが、反対側の連絡橋を渡るのが面倒だった」という内容のことを話しているという。

 現行犯逮捕された直後は「不快感を与えることをした」と一時痴漢を認めたが、その後否認に転じた。また、都内にある植草被告の事務所の家宅捜索の際にセーラー服が、都内の高級マンションの自宅からはわいせつなDVDが複数押収されたという。

(以下略)

(ニッカンスポーツ 2006年10月5日)

1 個のコメント

  • ななしさんへ
    書き込みありがとうございます。「そんな連中のアドバイス受けてたら、支持率下がりそう」。ですよねえ。特に一太のおせっかいなんて、百害あって一利無し。まあ、世耕ってのは小泉前首相の飯島秘書官のような相当の「ワル」ですから、一太とゆかり程度なら適当にあしらって終わりかもしれませんが。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です