スペイン裁判所が江沢民らに逮捕状「・・えー?」な件について

 こういう形で、中共の連中を吊るし上げる方法はある。確かにある。

 でも、あんまり歓迎しないかな。こういうの。「無関係な他人の庭先に、勝手に喧嘩の場所を移しました。相手は正義の敵なんでこれから応援ヨロシク」ってのは、どうかと思うよ。チベット問題の是非とは別に。

 亡命チベット人の気持ちも分からんでもないが、世界の訪問先で聞かれもしない日本の悪口外交やったり、無関係な国の土地に従軍慰安婦像をおっ立ててる韓国の連中と、かわらないじゃん。それじゃ。

江沢民氏ら元中国幹部に逮捕状…スペイン裁判所

 【パリ=三井美奈、北京=蒔田一彦】スペインの全国管区裁判所は19日、1980~90年代、チベットでの「集団殺害」容疑で中国の江沢民(ジアンズォーミン)元国家主席、李鵬(リーポン)元首相ら元政権幹部5人に逮捕状を出したと発表した。

 スペイン当局による捜査は困難とみられるが、江氏らは訪欧した場合、渡航先で身柄を拘束される可能性がある。

 江氏らに対しては2006年、スペイン国籍を持つ亡命チベット人や支援団体が、チベットで拷問や殺害など組織的な人道犯罪を行ったとして告発していた。

 スペイン司法当局は、国家指導者らの人道犯罪が当時国で裁かれない場合、第三国の法廷が管轄権を持つとの立場を取る。1998年には、南米チリで独裁体制を敷いたピノチェト元大統領がロンドン滞在中、スペインの犯罪者引き渡し要請に基づいて英警察に逮捕された。

(11月20日 読売新聞)

 ピノチェトの時もなー、それって余計なお世話だよなーって思ったもんよ。露骨に司法が政治の道具化してるのって、どーよ?てな感じで。

 ここで「ビルドファイターズ サービスシーン」を紹介。


D

可変MAが存在するガンダムの世界だから、可変カップおっぱいがあっても全然おかしくないよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です