サイバーテロ犯特定は中国政府関与の証拠となりうるか?な件について

 まあ、無理だろうね。騰訊の従業員をどんなに締めあげても「個人的な犯罪だ」と強弁するだろうし。むしろ、口封じに殺されでもした方が、サイバーテロへの中国政府の関与の可能性が高まるけど、口封じされた時点で追及の道は閉ざされちゃうもんなあ。

日本など標的のサイバー攻撃、関与の中国人特定

 【ニューヨーク=柳沢亨之】日本、インド両国の企業やチベット人活動家を標的とするサイバー攻撃が昨夏から相次ぎ、いずれも中国のインターネット企業の男性従業員が関与していることがわかった。

 30日付米紙ニューヨーク・タイムズが、セキュリティーソフト大手、トレンドマイクロ(本社・東京)の分析などを基に報じた。

 同紙によると、男性は中国ネット大手「騰訊(テンセント)」に勤める四川大学(四川省成都)の元大学院生。航空宇宙やエネルギー分野に関連する日本の複数の企業のほか、インドの軍事研究機関や船舶会社、チベット人団体などのパソコン計233台を攻撃した。

 いずれも、電子メールで各企業・団体の関心を引きそうなテーマの添付文書を送りつけ、パソコンに侵入する手口で、日本企業への攻撃では福島の原発周辺の放射線量データなどを記した文書が添付されていた。

 同紙は複数の専門家の話として、中国政府が外国の情報収集を目的としたサイバー攻撃を民間のハッカーに委託している可能性を指摘している。

(3月31日 読売新聞)

 そういや、重慶市の一連アレ事件関連で、ネット上でかなりのデマが飛び交ったそうだけど、「デマの総元締め」中国にしてこの手の流言飛語は押さえられないのか。なんだか意外。

 ここで「【MAD】きみのためなら死ねる【男子高校生の日常】」を紹介。


D

冬クールは「スマイルプリキュア!」一強だった神楽。明日からスタートの春クールは何に注目かなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です