アニメ最萌トーナメント2011 本戦トーナメントA-Dブロック概観

アニメ最萌トーナメント2011公式サイト

 声優の鈴村健一氏と坂本真綾女史が結婚。

 「何が一番驚いたかって、スズケンよりまあやの方が全然年下だったってこと!」と、改めて坂本女史芸歴の長さを実感&祝福させて頂きながら、本戦トーナメント前半戦、A-D各ブロックの組み合わせを見ての雑感を。まずはAブロック。

本戦トーナメント Aブロック

 「この戦場は楽じゃない」Aブロック。一次予選03組1位にして最強「まどマギ」陣営のエース格・暁美ほむら@魔法少女まどか☆マギカ。その「まどマギ」陣営5強の一人・美樹さやか嬢を1票差まで追い詰めた、一次予選10組2位のヴィクトリカ・ド・ブロワ@GOSICK -ゴシック-。2010年大会覇者・あずにゃん@けいおん!!を抑え、一次予選06組を2位で通過したシュタゲ陣営の主戦・牧瀬紅莉栖@STEINS;GATE。そして、一次予選09組を堂々の1位で通過したアスタロッテ・ユグヴァール(ロッテ)@アスタロッテのおもちゃ!。この4名が準決勝に勝ち上ってくること確実の同ブロック。

 彼女らの征路に立ちふさがるのは、上記の面子以外に、一次予選15組1位のトオル@Aチャンネルや同03組3位の御坂美琴@とある科学の超電磁砲OVA/とある魔術の禁書目録II、同08組3位の椎名まゆり@STEINS;GATEと言ったメンツだけど、いささか力不足の感は否めず。ていうか、ビリビリ@超電磁砲は、第一回戦A05組でいきなりほむほむか…毎度毎度くじ運に恵まれないですねえ。これは同陣営全般に通じる悲劇ではあるけれど。同ブロックの「アマガミSS」陣営よりは、ちょっとだけマシかもしんないけど。

 ともあれ、ほむほむ、ヴィクトリカたん、助手、ロッテの何れかがブロック代表に勝ち上がるにしても、相当の激戦は必至。とりあえず、ブロック制覇本命はほむほむ、対抗がヴィクトリカ、穴がロッテとみます。四強の残り1人・助手は、作品放送中と言う追い風がある一方、ロリ優位の最萌でロッテたんに勝つのはちょっと難しいかな?と考える次第。個人的には、第一回戦A02組のお花畑お馬鹿お姉さん対決や同A10組の作品ヒロイン対決も楽しみ。萩村スズ@生徒会役員共、ミーナ・ディートリンデ・ヴィルケ@ストライクウィッチーズ2あたりにも頑張って欲しいところ。

figma 魔法少女まどか☆マギカ 暁美ほむら

figma 魔法少女まどか☆マギカ 暁美ほむら

 続いてBブロック。

本戦トーナメント Bブロック

 「通好み過ぎるっしゅ!」Bブロック。第一試合のB01組、四十万スイ@花咲くいろはvs北条響(キュアメロディ)@スイートプリキュア♪vsシャルロッテ(お菓子の魔女)@魔法少女まどか☆マギカからして、「スイ×スイーツプリキュア×スイーツ魔女って何の冗談だよ…おい!」と言いたくなる同ブロック。抜きん出た強キャラがいるでなく、かといってそこそこの実力キャラが跋扈、挙句にB01組のような冗談試合も組まれている…読みようが無い(笑)。

 真面目に分析すると、一次予選07組2位の天使(立華かなで)@Angel Beats!、同13組4位の凰鈴音@IS <インフィニット・ストラトス>、同05組4位の春日野穹@ヨスガノソラ、同05組5位の御船流子(りゅうしさん)@電波女と青春男あたりが、ブロック代表の有力候補か。一次予選04組2位の琴吹紬@けいおん!!も実力的には申し分ないけど、第一回戦B04組で当たる「京アニキラー」天使ちゃん@ABが天敵過ぎる。ちょっと上位進出は厳しいかな。

 個々の試合ベースで見れば、B01組はじめB05組、B09組、B10組、B12組と結構笑える組も散見。一次予選06組6位の天草シノ@生徒会役員共のようなダークホースキャラもちらほらで、それなりの波乱展開も楽しめるだろうと期待。以上を踏まえて、ブロック制覇本命は天使ちゃん、対抗が鈴音、穴が穹とみます。個人的には、来海えりか(キュアマリン)@ハートキャッチプリキュア!とシノ会長が頑張ってくれれば、あとはどーでもいーや★ですが。

生徒会役員共 サウンドトラック シノ盤

生徒会役員共 サウンドトラック シノ盤

 続いてCブロック。

本戦トーナメント Cブロック

 「まどか無敵シルエット」Cブロック。無敵モード発動中の「まどマギ」陣営の中でも、更に大当たりフィーバー中の鹿目まどか@魔法少女まどか☆マギカが、一次予選16組1位通過の勢いをそのままに制覇する可能性が高いブロック。対抗馬候補は、一次予選14組1位のエリュシア・デ・ルート・イーマ(エルシィ)@神のみぞ知るセカイ シリーズ、同16組3位のサーニャ・V・リトヴャク@ストライクウィッチーズ2、同16組4位の本間芽衣子(めんま)@あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。だけど、まどか嬢相手にはどう考えてもスペックがなぁ(^^;。

 Aブロックのほむほむの戦況次第で、若干の揺らぎはあるだろうけど、基本的に波乱は無いでしょうね。流石は上部構造の住民・まどか神。状況設定、パーペキ過ぎる。

 と言うわけで、ブロック制覇本命は「鉄板」でまどか、対抗が「越えられない壁込み」でエルシィとめんま、穴が「万馬券」でサーニャと予想。個人的には、そういう結果や順位は関係無く「どこか危ないヒロイン対決」C04組や「おっかないお姉さま対決」のC06組の奇天烈バトル妄想に勤しむ予定。そういうのも、最萌の楽しみ方と心得ますので。ハイ。

魔法少女まどか☆マギカ 大判マウスパッド 鹿目まどかVer.2

魔法少女まどか☆マギカ 大判マウスパッド 鹿目まどかVer.2

 最後にDブロック。

本戦トーナメント Dブロック

 「このブロックは侵略完了でゲソ!」Dブロック。ほむほむ相手に一次予選03組2位と健闘したイカ娘@侵略!イカ娘が、同09組2位の秋山澪@けいおん!!や同12組5位のリネット・ビショップ@ストライクウィッチーズ2といった有力対抗馬を初戦D04組で撃砕したら、後はひたすらビクトリーロードをまっしぐら!となる展開が予想されるブロック。逆に言えば、ディフェンディング・チャンプ「けいおん!!」陣営は、Eブロック以降の状況を観るに、同組の戦いがいきなり正念場。3年連続の決勝トーナメント進出のためには、ここで全戦力を投入する覚悟で当たる必要がありましょう。

 それでも、やっぱりイカ娘優位の構図は変わらないでしょうけどね。アンチ層がおらず、その「純粋無垢な罪無き腹グロキャラ」から、陣営の垣根を越えた幅広い層の支持を集めることができるイカちゃん。一次予選ではほむほむの後塵を拝しましたが、彼女のポテンシャルの大きさは、今大会で「まどマギ」陣営を止められる数少ない存在だと言えます。

 澪やリーネちゃん以外の対イカ娘有力候補としては、一次予選04組3位の打ち止め(ラストオーダー)@とある魔術の禁書目録II、同08組4位の田村麻奈実@俺の妹がこんなに可愛いわけがない、同10組4位のゆの@ひだまりスケッチ×☆☆☆ 特別編、同15組4位の橘勇魚@夢喰いメリーといった面子が挙げられますが、大物食いは…うーむ。一応、ブロック制覇本命=イカ娘、対抗=ゆのっち、穴=澪としますが、どっちかというと既に、ゆのっちが久しぶりのブロック決勝進出なるかどうかの方に興味が行ってたりして。それにしてもD12組。A05組のビリビリといい、「禁書目録」「超電磁砲」陣営のクジ運の悪さは筋金入りだな。

侵略!イカ娘 イカ娘[デラックス版] (1/10スケール PVC塗装済み完成品)

侵略!イカ娘 イカ娘[デラックス版] (1/10スケール PVC塗装済み完成品)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です