アニメ最萌トーナメント2008 本戦ブロック決勝8試合概観及び予想・2(E-H)

アニメ最萌トーナメント2008animesaimoe2008@wiki

アニメ最萌トーナメント2008 本戦トーナメント組み合わせ表

 東洋最古の地下鉄トンネルである東京メトロ銀座線の浅草~新橋間の土木構造物が、「土木遺産」に認定。

 「銀座線は公私ともによく使わせて頂いております」「古い建造物だとは思っていたけど、こんなに由緒ある建物だったとは」「それにしても、地下鉄の父・早川徳次氏の先見の明と努力には今さらながら頭が下がる次第」と感謝と敬意の念を表しながら、早速本戦トーナメント第4回戦、ブロック決勝戦の組み合わせと現時点での簡単な予想をば。昨日に続いて今日は、E-Hブロックについて。

10/21 Eブロック決勝

Ef

シャナ@灼眼のシャナII(2006ベスト4、2007ベスト16)

川添珠姫@バンブーブレード(初出場)

 「新旧世代の激突の象徴」Eブロックは、左翼=古豪陣営代表として、過去2大会連続ベスト16以上の実力者、ブロック準決勝で「管理局の白い魔王」高町なのは@リリカルなのはとの接戦を制したシャナ@灼眼のシャナが、右翼=新興陣営代表として、人気作「バンブーブレード」の主人公、第2回戦で同じく新興陣営の雄「狼と香辛料」のヒロイン・ホロ、準決勝で「みなみけ」陣営のトップエース・南千秋を破って勝ち進んだ川添珠姫@バンブレが、決勝の舞台に登場。

 個人的には、なのはさんvsホロの決勝を期待していましたが、これはこれでよし。シャナとタマちゃんとその支持者さんには、是非ともクリーンな新旧対決&支援をお願いしたいものです。

 まさに当初の期待コンセプト通りとなった「古豪vs新鋭」なEf。予想は本命:タマちゃん、対抗:シャナ。神楽は「正義の剣術&ヲタ小町」に1票。

10/22 Fブロック決勝

Ff

古河渚@CLANNAD(初出場)

八神はやて@魔法少女リリカルなのはStrikerS(2006ベスト32、2007ベスト32)

 「最萌のチェスゲーム」Fブロック決勝は、実力上位の「正ヒロイン」古河渚@クラナドと、混戦から抜け出した八神はやて二等陸佐@魔法少女リリカルなのはStrikerSによる組み合わせ。

 実力的には渚@クラナドが一二歩先行している感じですが、はやてちゃんには「なのは」陣営ラストワン、おそらく最萌最後の出場補正がかかる可能性大。今日明日の「クラナド」3枠の結果にもよりますが、もしかすると逆転劇があるかも知れませんね。なんせ、「管理局随一の策士・狸娘」はやてちゃんなだけに(^^;。

 そんな淡い期待を抱かせる「大陣営三番手同士の駆け引き合戦」なFf。予想は本命:渚、対抗:はやて。神楽は「最後の夜天の王」に1票。

魔法少女リリカルなのはStrikerS サウンドステージ03

魔法少女リリカルなのはStrikerS サウンドステージ03

10/21 Gブロック決勝

Gf

水無灯里@ARIA シリーズ(2006本戦第2回戦敗退、2007本戦第2回戦敗退)

柊つかさ@らき☆すた(2007ベスト8)

 「アンバランス狂想曲」Gブロック決勝。その実力は折り紙付きながら、過去2大会籤運に恵まれず2回戦止まりだった灯里@ARIAが、今回は運の女神を味方につけ、初のそして恐らくは最後の決勝の舞台に登場。その彼女を待ち受けるのは、「らき☆すた」陣営双璧の一人にして強豪ひしめくブロック右翼の覇者、アニメ最萌史上初の「2大会連続ベスト8入り」を目指す強豪・柊つかさ。

 こちらのブロックもFブロックそして次のHブロック同様、つかさが一段優位に立っている状況ですが、古豪最後の輝きとして、ARIA初のそして最後のべスト8入りを目指して、灯里にも悔いのない戦いを繰り広げて欲しいものです。

 色々な意味で「最萌に新たな歴史を刻む戦い」なCf。予想は本命:つかさ、対抗:灯里。神楽は「そんなのかんけーねー」に1票。

(10/20訂正:2大会連続ベスト8入りは、黎明期・2003-2004大会の苗木野そら@カレイドスターという前例がありました。つかさは2人目候補)

らき☆すた キャラソン(3)

らき☆すた キャラソン(3)

10/22 Hブロック決勝

Hf

石動乃絵@true tears(初出場)

桂ヒナギク@ハヤテのごとく!(2007本戦第2回戦敗退)

 「地味に通好みな侘び寂びバトル」Hブロック、地味な強キャラぞろいだったこのブロックを制する権利を得たのは、鷺ノ宮伊澄@ハヤテや春原芽衣@クラナドといった曲者との乱戦(第2回戦H2-01組)を勝ち抜いた左翼代表・石動乃絵@ttと、盤石の試合運びで前大会の雪辱を期する、「ハヤテのごとく!」陣営最後の希望にして作品人気投票第1位、闘う生徒会長・桂ヒナギク。

 マリアさん、そしてナギお嬢が亡き今、作品三銃士最後の一人となったヒナギク嬢。地力の強さに加え、この背水の陣効果に裏打ちされた彼女の堅陣を打ち破るのは、まさに至難の業。乃絵@true tearsはアンチハヤテその他外部陣営の支援をどこまで集められるかに、一縷の望みを託す戦いになりそうです。

 ただ、そうは言っても「ヒナギク無双」なHf。本命:ヒナギク、対抗:乃絵。神楽は「Power of flower」に1票。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です