なでしこジャパン大金星inドイツW杯な件について

 「キャプテン翼」ワールドJr.ユース編・日本代表vs西ドイツ代表戦…というよりも、「スラムダンク」の湘北vs山王工業戦を彷彿させる、「格上相手&オールアウェイに挑む主人公チーム」なシチュで行われたサッカー女子のワールドカップ準々決勝。

 正直勝てるとは思ってませんでした。山王工業戦の観客の如く。だって、相手はW杯2連覇中のドイツですよ?。カタログスペック全てにおいて日本を凌駕するFIFAランキング2位の強豪ですよ?。試合会場は審判もホームタウンディシジョンバリバリのドイツ・ウォルフスブルクですよ?。挙句に今まで日本はドイツはおろか欧州代表に一度も勝ったこと無いんですよ?。先日のイングランド戦も含めて。

 それが「この大番狂わせ」。

 

 日本以外、否、日本ですらかなりの層で「ドイツ勝利」を確信していたであろう今朝の試合で起こった、この奇跡。なんなんだ、これ。

 もちろん、澤→丸山の勝ち越し弾の神懸かり度やGK海堀の覚醒プレーはじめ、なでしこジャパンの実力以上の善戦ぶりや強運ぶりは、確変なんてレベルじゃなかったですよ。ドイツ代表もいつになく動きが悪かったというか、冒険心に欠けるプレーが多かったし。ただ、今回のなでしこに関して一番凄かったのは、「結果としての善戦ぶりや強運ぶり」以上に、勝利のラストパスだけじゃなく攻守特に守備でガチ体を張り続けた澤兄貴を筆頭とした、「彼女ら自身の献身ぶり」ですけどね。

 ぶっちゃけ、なでしこがドイツ代表に勝っていたのは、その献身を支えた精神力というか根性だけと言っても過言じゃない。フィジカル&テクニック、ついでに外見についても(ぉ)、基本的にドイツ代表がなでしこの上を行っていたのは事実。しかし、オールアウェイの中でも臆すること無い「泥臭い精神力」だけが、勝利を義務付けられて自信とプレッシャー綯交ぜ状態にあったドイツ代表のそれを上回った。このカタログ外の要素の僅かな差が、今回の勝敗を分けたと言っても良いのではないでしょうか。

執念の延長決勝弾!! なでしこが地元ドイツ下しベスト4進出!/女子W杯

 女子W杯ドイツ2011は現地時間9日(以下現地時間)に準々決勝の2試合が行なわれ、なでしこジャパン(日本女子代表)は3連覇をねらう地元ドイツを延長戦の末に1対0で下し、同大会初の準決勝進出を果たした。

 1995年大会以来の決勝トーナメント進出となった日本はこの日、地元の大声援を受ける世界ランク2位の強豪ドイツと対戦。グループリーグ3戦と同じメンバーで臨んだ日本は、序盤から高さとフィジカルを生かしたドイツの攻撃に対し、粘り強い守備で応戦。無失点で前半を折り返す。

 後半に入り、徐々に盛り返した日本は、宮間がミドルシュートでゴールを脅かすも、得点には至らず。しかし、丸山と岩渕を投入した日本も、前線からプレッシャーを掛け続けることでドイツにゴールを割らせず、試合は0対0のまま延長戦に突入する。

 すると迎えた108分、辛抱強く戦い続けた日本についに待望の先制点が生まれる。ロングボールを受けた岩渕が、中央の澤へボールを落とすと、澤はこれをラインの裏に走り込んだ丸山にダイレクトでスルーパス。これを受けた丸山が角度のない位置からネットを揺らし、終盤に貴重なリードを奪った。

 日本はその後、ドイツの猛攻をGK海堀の好セーブなどでしのぎ切り、女子W杯では史上初、また北京五輪に続くベスト4へ進出。また、これまで勝利したことのなかった強豪ドイツに競り勝ち、日本女子サッカーの新たな歴史を切り開いた。

 この日行なわれた準々決勝のもう1試合では、フランスが1対1で迎えたPK戦を4対3で制し、イングランドに勝利。ベスト4に駒を進めている。

 日本は13日に行なわれる準決勝で、10日に行なわれる準々決勝・スウェーデン対オーストラリアの勝者とファイナル進出をかけて対戦する。

(7月10日 ISM)

 準決勝の相手は、下馬評と実力通りならスウェーデン@「FIFAランキング5位にして、今大会予選C組を同1位の米国を破って1位通過」で決まり。延長戦の激闘直後と言うこともありますし、スラムダンクの世界でなくても、

61 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2011/07/10(日) 06:15:33.84 ID:J1p84wa90

キター大勝利。まじ感動した

しかし この写真が表紙に使われることはなかった 

ドイツとの死闘に全てを出し尽くしたなでしこは

続く準決勝 スウェーデンにウソのようにボロ負けした

ってなりそうなくらい感動した。

(芸スポまとめblog:【サッカー】女子W杯 日本、「世界王者」ドイツを破り初のベスト4進出! つないで耐えて延長戦、澤から丸山で決勝ゴール!

 という展開になってもおかしくありませんが、ここまで来たんだ。なでしこジャパンには、「予想や王道/先達展開の斜め上」な展開で頂点を目指して欲しいモノです。ともあれ、まずは「なでしこのお歴々、大金星GETオメ!」でした。

 ここで「なでしこJAPAN 女子ワールドカップ 丸山決勝ゴール!!」を紹介。


D

やはり今日はこれかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です