こんだけ収穫のない代表戦も珍しい件について

 ホームだぞ?相手は中国それも若手主体だぞ?。それが、楢崎の好セーブが無ければ負けていた試合って、何ぞそれ?。

中国とスコアレスドローに終わる=サッカー日本代表

 サッカー日本代表は6日、東京・味の素スタジアムで「東アジアサッカー選手権2010 決勝大会」の初戦となる中国戦に臨み、0-0で引き分けた。

 日本は内田篤人、玉田圭司らが先発に名を連ね、小笠原満男、平山相太らはベンチスタートとなった。

 前半は両者共に決め手に欠いた。日本は大久保嘉人、長友佑都らがシュートを打つもゴールの枠をとらえられず。中国の激しいディフェンスの前に好機を作れなかった。

 後半に入って攻勢を強めた日本は9分、内田が右サイドの深い位置からシュートを放つもポストに直撃。その3分後にも、遠藤保仁が直接FKでゴールを脅かすも、ゴールには至らなかった。

 先制点が欲しい日本は17分、玉田に代えて長身の平山を投入するも、持ち味を発揮できず。37分には長友のハンドで中国にPKを許したが、GK楢崎正剛の必死のセーブで得点を与えなかった。結局、試合は0-0で終了。日本は初戦を白星で飾ることができなかった。

 日本は11日に第2戦の香港戦(東京・国立競技場)に臨む。

<日本代表 出場メンバー>

GK:1 楢崎正剛

DF:4 田中マルクス闘莉王、5 長友佑都、6 内田篤人、22 中澤佑二(Cap)

MF:7 遠藤保仁、8 稲本潤一、14 中村憲剛→26 金崎夢生(後半40分)、16 大久保嘉人→13 佐藤寿人(後半40分)

FW:9 岡崎慎司、11 玉田圭司→20 平山相太(後半17分)

サブ:18 川島永嗣、23 西川周作、3 駒野友一、12 岩政大樹、15 今野泰幸、21 徳永悠平、2 阿部勇樹、17 香川真司、25 小笠原満男

(2月6日 スポーツナビ)

 試合後、どんなに岡田監督が強がったコメントをしたところで、苦々しさを隠そうとしない楢崎の表情と会場を覆い尽くしたブーイングが、今日の試合の全て。実力とか技術とかシステムがどうとかいう前に、自分の仕事(ポジション)以外の仕事(プレー)をしない主体性ゼロの「ボーン」根性の選手だけで、サッカーというチェスゲームを勝てるわけ無かろうが。岡田監督の趣味だとしても程がある。

 今日の戦犯・大久保&玉田をはじめとして、代表イレブン&主要スタッフは11日の香港戦に向けて猛省するように。

 ここで「【音MAD】サキガツモル【咲-Saki-×ココロオドル】 (by まんてんさん)」×2を紹介。


D


D

「今日の代表イレブンに、池田の1/10も勝負への執念があったらなあ」と神楽は嘆息します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です