これが対北朝鮮の情報戦の一環だったら納得な件について

 

 普通、この手の安全保障上の情報ってそう簡単に外にはリークされないし、されたとしても記事になる前に差しとめるもの。何で今回はこんな簡単に外に漏れて記事になったんですかねえ。

情報レーダー衛星故障、北朝鮮監視など支障

 北朝鮮の軍事施設などを監視する政府の情報収集衛星のうち、夜間や曇天でも撮影可能なレーダー衛星が故障し、運用できない状態になっていることがわかった。

 内閣衛星情報センターは「23日に故障が判明し、復旧作業を続けているが、見通しはかなり厳しい」と話している。

 次のレーダー衛星が打ち上げられるのは2011年度の予定。北朝鮮の核・ミサイル開発や中国の軍備増強など、東アジアの安全保障環境が不安定化する中で、監視活動に影響が出るのは必至だ。

 故障したのは、07年2月に打ち上げられた「レーダー2号」。同センターは、電源系のトラブルが原因とみている。設計上の寿命は5年間で、再来年までは使えるはずだった。

(8月28日 読売新聞)

情報収集衛星が不具合=「できる限り対応」―首相

 菅直人首相は28日午後、政府が運用する情報収集衛星(IGS)のうち、夜間や雨天時も監視可能なレーダー衛星が不具合を起こしていることを明らかにした。

 首相は視察先の北九州市で記者団に、「(故障の)報告は聞いている。レーダーによる衛星は夜間の情報収集などではこれまでも非常に役立ってきたので、その調子が悪いというのは大変残念だ」と表明。「情報収集の上でマイナスにならないようにできる限りの対応策は取っていきたい」と語った。

 情報収集衛星は、内閣衛星情報センターが運用する偵察衛星で、北朝鮮が1998年に弾道ミサイルを発射したことをきっかけに、政府が国産で導入した。レーダー衛星は、夜間や悪天候でも1~3メートル四方の物体まで識別できる。 

(8月28日 時事通信)

 まさかと思うけど、「衛星が故障中」と認知してもらっている方が、都合が良い事態が起こってるのかしらん?。そう考えれば、非常時における情報戦の一環として、今回の発表は納得なり評価出来たりして。

 逆にそうじゃないとしたら…まぁ、民主党政権のやることだから、その位のワキアマぶりはいつものことか。今更驚いたり嘆いたりすることじゃない。

 ここで「【第5回MMD杯本選】あずにゃん? いえ、初音ミクです」「【第5回MMD杯本選】 Bad AApple!!」「【第5回MMD杯本選】Rhythm Nation【Janet Jackson】」「【第5回MMD杯本選】ハートキャッチ☆ドワーフ!」そして「【第5回MMD杯本選】MMD応援団」を紹介。


D


D


D


D


D

第5回MMD杯本選もいよいよ後半戦。個人的にお勧めは、既に紹介済みの「【第5回MMD杯本選】何かおかしいらき☆すた祭」「【第5回MMD杯本選】Ding-Dong【MMD-PV】」に加えて、この5作品かなー。特に最後の応援団かなー。ユルユル動くyoutube版はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です