ここで小異を捨てられなければ自民党もそれまでな件について

 それにしても、古賀誠はじめ自民党の魑魅魍魎たちは、今の今までよくもまあパーペキに死んだフリを続けて、このタイミングで効果的に復活してきたもんだ。尊敬なんぞしてやらんがね。

谷垣氏、出馬表明の意向=石原氏も意欲、7日に一本化調整―石破氏は10日正式表明

 自民党の谷垣禎一総裁は6日、総裁選への立候補に必要な20人の推薦人が確保できたとして、7日に出馬表明する意向を固めた。ただ、石原伸晃幹事長も出馬に意欲を示している。谷垣、石原両氏は同日朝、大島理森副総裁を交えて都内で会談し、候補一本化に向け調整するが、協議は難航する可能性もある。

 谷垣氏は6日、新潟市内で記者団に「一本化できるのが望ましい」と述べ、石原氏の支援に期待を示した。谷垣氏は、出身派閥である古賀派の古賀誠会長の不支持表明を受け、明確な支持基盤を失ったが、谷垣氏周辺は6日、「ようやく推薦人の確保にめどが立った。7日に記者会見で出馬を表明する」と語った。

 ただ、谷垣氏のこれまでの党運営に対する党内の不満は強く、支持が広がるかは不透明だ。石原氏は6日夜、都内で茂木敏充政調会長、岸田文雄国対委員長、田野瀬良太郎幹事長代行らと会談。席上、「谷垣氏が勝てるなら応援するが、厳しいのではないか」との見方が相次いだ。

 出席者の一人は「谷垣氏が勝手に出馬表明すればついて行けない」と強調。石原氏を支持する中堅・若手議員は、谷垣氏の動向にかかわらず、7日に石原氏に出馬要請する予定だ。

 一方、石破茂前政調会長は6日、立候補を10日に正式に表明する意向を固めた。町村派会長の町村信孝元官房長官は6日午後、同派議員との会合で7日に正式表明することを確認。安倍晋三元首相を支持する議員らは6日夜、都内のホテルで出馬に向けた対応を協議した。 

(9月6日 時事通信)

 個人的には麻生再登板に期待したいんだけどな。

 ここで「平井堅の大きな古時計のピッチを上げたら如月千早が降臨した件 別Ver.」を紹介。


D

小さな壁時計が降臨したと聞いて以下略。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です