いまだ秘書根性の抜けない石川知裕に選良の資格無しな件について

 貴様が仕えるべきは、あるいは替わりの捨て駒役を務めるべきは、鈴木宗男や小沢一郎といった「センセイ」でも、その後継者でもなく、有権者だってことをまだ分かってないな。この馬鹿は。

 仮にそれが自身の実態だとしても、それを隠しながら世を渡るのが、永田町の生き方だ。そういう基本芸すら身に着けていない貴様に、国民はもう用は無い。とっとと表舞台から引退して、誰ぞ偉いセンセイの書生を一生やっとれ。

上告中の石川議員、辞職へ…宗男氏長女繰り上げ

 小沢一郎・生活の党代表の資金管理団体「陸山会」を巡る政治資金規正法違反(虚偽記入)事件で有罪判決を受け、上告中の新党大地の石川知裕衆院議員(比例選北海道ブロック)が5月下旬にも議員辞職を表明する見通しとなった。

 同党関係者によると、親しい議員らにはすでに議員辞職する意向を伝えているという。

 石川氏は13日、札幌市で開かれた同党の会合で、自身の議席を「鈴木宗男代表や新党大地の仲間のために勝ち取った1議席だ。重みを十分に心得ている」と述べ、近く進退について最終判断する考えを示した。石川氏が議員辞職すれば、惜敗率で2位だった鈴木代表の長女、貴子氏が繰り上げ当選する。

 一方、石川氏は「不当判決に対しては、これからも断固戦っていく」と語り、裁判については今後も上告を取り下げず、無罪主張を続ける考えを示した。鈴木代表は、有罪判決を早期に確定させて3年間の公民権停止後の衆院選に再出馬できるよう、石川氏に上告取り下げを促している。

(4月14日 読売新聞)

 しかし、この程度の輩しか身近に置けなかった小沢一郎も、存外、人の縁に恵まれない男だったのだな。似た立場の人間として、少し同情する。

 ここで「MAD 進撃の巨人プリキュアオールスターズPV」を紹介。


D

そういや、映画プリキュアのラスボス戦って、たいがい巨人相手の立体機動戦だわなー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です