ある意味これも連鎖倒産な件について

 ジャパン・デジタル・コンテンツ信託のな。

「フラガール」制作のシネカノン、再生法適用申請

 民間信用調査会社の帝国データバンクは28日、映画「フラガール」「パッチギ!」などを制作した映画制作・配給会社「シネカノン」(東京都渋谷区)と関連会社の計2社が同日、民事再生法の適用を東京地裁へ申請したと発表した。

 負債総額は計47億300万円。

 同社は1989年に創業し、韓国のヒット映画「シュリ」などを配給したほか、2006年公開の「フラガール」では数多くの映画賞を受賞するなど、注目を集めた。しかし、ここ数年はヒット作に恵まれず、飲食部門も不振が続いていた。

(1月28日 読売新聞)

 とりあえず、この事態を受けて井筒監督が何を言い出すかに興味をひかれるところ。

 ここで「【MAD】 化物語 Bakemonogatari 光の空のクオリア」「とある科学の超電磁砲 OP × 灼眼のシャナ 【MAD】」を紹介。


D


D

親和性の勝利。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です