風が吹けば桶屋が儲かる、コロナが流行れば車屋が飢える ~ 半導体をPC業界に囲い込まれた自動車業界、減産へ

 コロナ禍に伴う在宅勤務などの広がりを受け、半導体はパソコン向けなどの需要が増加。需給が逼迫(ひっぱく)気味で、自動車部品メーカーは調達に苦慮している。

自動車メーカーの大半は昨春のサプライチェーンの混乱を乗り越えたと思っていたら、そんなことはなかったぜ。それはそれとして、


「こういう肝心な時に浮気される自動車メーカー」
「半導体メーカーとの普段の蜜月関係()が透けてみるわね」

半導体メーカーだけじゃない。部品メーカー全体に対するジャストインタイムのごり押しは、「抱きたい時に電話一本で呼び出せる女」扱いと同じだってことに、そろそろ自動車メーカーは気づくべきだと思うの。

ホンダ、部品調達難で減産 コロナで半導体不足―日産なども

 ホンダが部品の調達難を理由に自動車の国内生産を減らすことが8日、分かった。新型コロナウイルス感染拡大の影響で車両の制御システムなどに使う半導体が不足、今月は約4000台削減する見通し。日産自動車など他メーカーでも生産調整の動きが出ており、部品不足による減産が業界全体に広がってきた。
 コロナ禍に伴う在宅勤務などの広がりを受け、半導体はパソコン向けなどの需要が増加。需給が逼迫(ひっぱく)気味で、自動車部品メーカーは調達に苦慮している。ホンダは鈴鹿製作所(三重県鈴鹿市)での主力小型車「フィット」を中心に生産調整を実施する。同社は「影響を最小化したい」としているが、2月以降の生産回復はめどが立っていない。
 ホンダの昨年11月の国内生産台数は前年同月比22.5%増の6万4843台で3カ月連続プラス。コロナ禍からの復調傾向が顕著だった。
 一方、日産も1月中に追浜工場(神奈川県横須賀市)で主力小型車「ノート」の生産を数千台規模で減らす。SUBARU(スバル)も今月中に生産調整を検討していると明らかにした。トヨタ自動車は影響を精査中で、別の大手メーカーも「生産現場への影響は出てきている」としている。

(2021/1/8 時事通信)

ここで「【鬼滅のMMD】鋼の心臓【MMD杯ZERO3参加作品】【MMD-PVF7】」を紹介。

自動車メーカーはこれを機に少し反省しよう。え?韓国?もういいよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。