【老猿は死なず】「高崎山」最長老ザル、姿を消す【ただ去りゆくのみ】

 潔し。

消えた「高崎山」最長老ザル…動物園が捜索

 野生のニホンザルの餌付けで知られる大分市の高崎山自然動物園で、最長老の「ベンツ」(推定35歳)が姿を見せなくなり、園は20日、捜索隊を出して安否確認に乗り出した。

 二つの群れでトップになった唯一の雄ザル。人間に例えると100歳を超え、生存が危ぶまれるという。

 園によると、1987年、最年少の9歳でB群のトップになった。しかし、C群の雌に恋をしてB群を追われ、90年にC群に移籍。下積み生活を送り、2011年にトップに上り詰めた。

 ドイツの高級車と同じ名前は、貫禄ある体格に由来し、11年のC群トップ就任式には輸入車を扱う大分ヤナセの社長が出席した。

 20日は午前9時から、捜索隊の職員4人が、1週間前に最後に目撃されたサル寄せ場を出発し、午後3時まで山中を捜索したが発見できなかった。24日も捜索する。

 園を運営する大分市高崎山管理公社の田中雄三事務局長は「多くのファンが安否を気遣っている。元気な姿で見つかることを信じている」と話した。

 園によると、サルは死期が近づくと群れを離れて姿を消すとされる。

(9月19日 読売新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です