【第一報では白人風の】東京・三鷹で女子高生が21歳の日本人男に刺殺される【ターバン男が犯人】

 「犯人は、黄色人種に見えない色白DQN。犯行の動機は恋愛のモツレ。アタマをターバンのようなもので隠していたのは、女子高生の自宅敷地の暗がりに隠れるのに、見知られた自分の顔や髪の色が目立つのを防ぐため」

 か?。わからん。というか、第一報の「白人風の男」がすっげえ引っかかる。

東京・三鷹 女子高校生刺され死亡 男逮捕

 8日夕方、東京・三鷹市の住宅街で、18歳の女子高校生が首などを刺されて倒れているのが見つかり、病院に運ばれましたが死亡が確認されました。

 現場からはターバンの様なものを頭に巻いた男が走り去っていましたが、警視庁は21歳の男の身柄を確保し、容疑が固まったとして殺人未遂の疑いで逮捕しました。

 8日午後5時前、東京・三鷹市井の頭の路上で、「女性が刺された」と110番通報がありました。

 警視庁で調べたところ、近くに住む私立高校3年の鈴木沙彩さん(18)が制服姿で血を流して倒れており、病院に運ばれましたが、首などを刺されていておよそ2時間後に確認されました。

 現場からは紫色のターバンの様な物を巻いた男が走り去ったため、警視庁で行方を捜査していましたが、およそ1時間半後に三鷹市内で体に血の付いた男を見つけ、職務質問をしたところ、「私がやりました。間違いありません」と話したということで、殺人未遂の疑いで逮捕しました。

 逮捕されたのは日本人の21歳の男で、鈴木さんの自宅の敷地内で鈴木さんを刺したということで、警視庁で犯行の状況や動機などを調べています。

 現場は、京王井の頭線の三鷹台駅から南東に300メートルほど離れた住宅街です。

(10月8日 NHK)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です