「黒子のバスケ」関連商品 、TSUTAYAから撤去へ ~ 脅される前から脅迫犯に屈するCCCの摩訶不思議

 なんぼなんでも、先走り過ぎだろ。既に脅され済みなら、まだ分かるが、「総合的な判断」なんて、何も説明していないのと同じ。疑惑はますます深まるばかりでございます。

 てか、今の黒バス脅迫犯は何代目か何人目なのか知らないが、何が最終目的なのか、サッパリ分からない。「黒バス」という単語以外の連続性がないんだよな。ぶっちゃけ、笑い男@攻殻機動隊のように、「最初のホンモノ」と「後追いのニセモノ」では、目的そのものが全く違うんじゃないか?。

 「今の」黒バス脅迫犯のターゲットは、黒バスや同作ファンと言うより、黒バスに関わってる企業。今、セブンイレブンやCCC(多分)を脅している奴は、最初のイカレポンチが「黒バス」以外の作品Aを攻撃していて、その後、セブン達が作品Aに絡んでいたら、「黒バス」になんて言い掛かりつけなかったんじゃないの?。作品Aを取っ掛かりにして、これらの企業を脅迫してたんじゃないの?と、今更ながら邪推する次第。

「黒子のバスケ」関連商品 TSUTAYAから順次撤去へ

 人気漫画「黒子のバスケ」関連商品が、書籍販売やレンタルビデオなどを手がける「TSUTAYA」から順次撤去されることになった。TSUTAYAを運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブが認めた。理由については「現在の状況を総合的に判断した結果」としている。

 黒子のバスケ商品撤去の噂は、Twitter上で関連するつぶやきがあり、一部で広まっていた。

(10月28日 THE PAGE)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です