「競馬ファンド」に業務改善命令=牧場維持に賞金流用-農水省

 一部コンテンツファンドとかで顕著ですが、カネに色が着いていないのをいいことに、事業運営者と切り離されたゲートキーパーをちゃんと置いていない例が最近増えてきたような気がしますね>この手の素人ファンド。

 業界黎明期の未熟故と言えばそれまでだけど、それを逆手に取って悪さする業界ゴロは必ず出て来るんだよなあ。多分、近いうちにもっと酷いファンド詐欺事件が表ざたになるよ。多分ね。

 農水省と関東財務局は29日、日本中央競馬会(JRA)に所属する競走馬を対象に一般投資家から集めた資金を運用する「大樹レーシングクラブ」(本社東京、資本金7990万円、大浜民郎社長)が商品ファンド法に違反したとして、業務改善命令を出した。投資家の被害はないという。

 大樹クラブが運用していたのは、いわゆる「競馬ファンド」と呼ばれる金融商品。同クラブの牧場「大樹ファーム」で育てた競走馬をJRAのレースに出走させ、そこで得た賞金を同クラブを通じ投資家に還元する仕組み。

 しかし、大樹ファームは牧場の運営費に賞金を流用。このため、同クラブに賞金が入らず、投資家から預かった会費の一部を還元分に回していた。 

(6月29日 時事通信)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です