「痛くない針」岡野工業。金属の加工技術は一流だったが、帳簿の加工技術は三流だった。

f:id:kagura-may:20071202222111j:image

 いや、ほんとはさ、「技術(テクノロジー)に技術(テクニック)が伴わなかったか!」とか、クラッシャージョウばりのシャレを言ってみたかったんだが、考えてみると、金属加工も帳簿改竄も、技術は「テクニック」だよなあ、というわけで、そのなんだ。

 (´・ω・`)ショボーン

金属加工会社が1億円所得隠し=「痛くない注射針」、国税局指摘

 「痛くない注射針」を開発したことで知られる金属加工会社「岡野工業」(東京都墨田区)が、架空の経費を計上したとして、東京国税局から1億円超の所得隠しを指摘されたことが19日、分かった。追徴税額は重加算税を含め約4900万円。既に修正申告したとみられる。

 関係者によると、同社は取引先に自動車部品を発注したように装い、支払った代金を還流させる手口を繰り返して架空の経費を計上。国税局から2011年までの5年間で1億円超の所得隠しを指摘されたという。

 民間調査会社によると、同社の12年12月期の売上高は6億円。金属の板を加工し、先端の直径が0.2ミリの針を開発したことなどで知られ、中小企業庁が公表する「元気なモノ作り中小企業」にも選ばれた。 

(7月19日 時事通信)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です