「暴力団に10万払った」=みこし乗り同好会員が供述-浅草三社祭・警視庁

 暴力団やテキヤにとって祭りが資金源の一つなのは言わば「伝統」ですし、事件自体は「さもありなん」なんですが、同好会代表の約7割が暴力団員とはねえ…ぶっちゃけ、地元&堅気の人にとっての三社祭運営の意義は現状どうなのか、そっちの方に興味津々かも。

 5月に行われた東京・浅草の三社祭で、みこしに乗って混乱を誘発したとして逮捕された男が警視庁浅草署などの調べに対し、「暴力団に10万円を払い、みこしに乗った」と供述していることが13日、分かった。

 三社祭でみこしを担ぐ同好会30数団体のうち、約7割で暴力団員が代表になっており、同署は祭りが暴力団の資金源になっている疑いがあるとみて調べている。 

(7月13日 時事通信)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です