「委員多すぎて、復興構想会議、山に上る」な件について

 関東大震災時の復興院を例に出すまでも無く、今回のような非常時は、ある程度の強権を期限付きで預けた特定組織やごく少数の賢人会合からの、スピード重視&トップダウン方式な指示こそが望ましい。

 顧みて、今回の東日本大震災の復興グランドデザインを描きゃなきゃならん復興構想会議。委員間の意思疎通がお粗末なだけじゃなく、「会合のテーマを事前に決め、委員が事前にメモを提出し、議長が整理して論議することや、緊急課題について1回ごとに提言を行うよう求める意見も出た」とは、何と言う現状無視の牧歌的意見。こんなノンビリした意見が恥ずかしげもなく表に出されることもさることながら、そんな意見ですら出されてしまう復興構想会議のダメダメぶりに頭が痛くなりますな。

人が多すぎて…復興構想会議、運営めぐり危機感

 東日本大震災復興構想会議は23日の第2回会合で、会議の運営方法をめぐって、各委員から改善を求める声が相次いだ。

 意見集約に向け委員の間に早くも危機感が漂っている。

 赤坂憲雄学習院大教授は終了後、記者団に「あまりに人が多すぎて議論ができない。本当はしゃべりたいことがいっぱいあるが、時間が足りなくて煮詰まらない」と不満を漏らした。「5月の連休明け以降は交通整理していくと思うが……」と、第1次提言取りまとめにも不安を見せた。

 会合では、下部組織の検討部会が財源論などの議論をすでに始めていることについて、橋本五郎読売新聞特別編集委員が「構想会議とかかわりなく、独立して議論が先行している印象を受ける」と指摘。高成田享仙台大教授や大西隆東大教授らが同調した。五百旗頭真議長は「(部会には)7合目、8合目まで議論してもらい、頂上に登り詰めるのは我々がやる」と釈明する場面もあった。

 この日は、会合のテーマを事前に決め、委員が事前にメモを提出し、議長が整理して論議することや、緊急課題について1回ごとに提言を行うよう求める意見も出た。

(4月24日 読売新聞)

 まあ、五百旗頭真議長からして、本命と対抗に逃げられた末での「第三の候補」議長で、自分の発言すら満足にまとめ切れないことで有名な一流半以下の人だからな。自尊心と自負心ダダ漏れの御用学者や飼い犬メディアの偉いさん集団を、まとめ切れるはずも無し。「せいぜい、実務担当の検討部会の邪魔はしないでくれよ。先生方」と言いたいですね。

 ここで「【アイドルマスター】Re:キューティーハニー【手描きOPパロ】」を紹介。


D

まさに根性の賜物と言うべきか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です