「大塚高司に寛大処分なんて無用だと思うの」な件について

 実質的に不逮捕特権を持っているような人間に、「寛大処分」の添え紙付きなんて、甘やかしにも程があると思うの。

 そうでなくても、政治家の信賞必罰は、世間に予断を挟ませず、

f:id:kagura-may:20131008193440j:image

 「わっかりやすーい!」

 のが、一番だと思うの。

知人女性への傷害容疑 自民・大塚議員を書類送検

 知人女性に暴行し、けがをさせたとして、大阪府警が8日、自民党の大塚高司衆院議員(49)=比例近畿=を傷害容疑で書類送検したことが捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、女性は8月30日に「大塚議員から自宅マンションのエレベーターで暴行を受け、軽傷を負わされた」との内容で府警に被害届を提出していた。9月に示談が成立しており、府警は厳しい処分を求めない「寛大処分」の意見を付けた。

 大塚議員は参院議員秘書などを経て、平成17年9月の衆院選大阪8区で初当選し、昨年12月の衆院選で比例近畿ブロックから2度目の当選を果たしていた。

(10月8日 産経新聞)

 そうでなくても、「どっち付かずのコウモリ思想野郎な比例復活組」なんて、ぶっちゃけ惜しくもなんともないの。むしろ、怪我させた女性との関係と示談までの舞台裏について、ハッキリしやがれなの。

 ここで「謎のストップモーション」を紹介。


D

そして、謎のゴッグ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です