「借金あり自殺して楽に」加藤氏実家へ放火の右翼供述

 山形県鶴岡市の加藤紘一・元自民党幹事長(67)の実家と事務所が放火され、全焼した事件で、現住建造物等放火などの容疑で鶴岡署に逮捕された右翼団体構成員、堀米正広容疑者(65)(東京都新宿区)が、加藤氏の発言に対する不満のほか、「借金があって生活が苦しく、自殺して楽になろうと思った」とも供述していることが1日、わかった。

 同署は動機に個人的な事情も重なっていた可能性があるとみて、さらに調べている。

 堀米容疑者はこれまでの調べに、加藤氏の中国や韓国に関する発言や政治姿勢に対する不満があったことを供述している。

 また、鶴岡署は1日、堀米容疑者を立ち会わせて、加藤氏の実家や事務所で現場検証を行った。

(読売新聞) – 9月1日

同署は動機に個人的な事情も重なっていた可能性

 ていうか、個人的な事情が主じゃないか?。↓みたいな記事もあるし。

<加藤議員実家放火>「右翼として認められる」容疑者が供述

 山形県鶴岡市の自民党元幹事長、加藤紘一衆院議員(67)の実家と事務所が放火された事件で、県警鶴岡署に逮捕された右翼団体幹部、堀米正広容疑者(65)が「加藤氏の実家に放火すれば右翼として認められると思った」との趣旨の供述をしていることが分かった。加藤氏の靖国神社に関する発言に反発を感じていたとの趣旨の供述もしており、さらに詳しい動機を追及する。

 調べでは、堀米容疑者は8月15日午後5時40分ごろ、加藤氏の木造2階建ての実家1階の無施錠の玄関から侵入し、室内にガソリンをまいて火をつけ、実家と棟続きの事務所計約377平方メートルを全焼させた疑い。事件後、持参した包丁で割腹自殺を図った。

 同署は、堀米容疑者が小泉純一郎首相の靖国神社参拝を批判していた加藤氏に反感を抱いていたとみる一方、借金で生活に苦しんでいたともみて慎重に調べている。【大久保渉】

(毎日新聞) – 9月1日

 ぶっちゃけ、見栄っ張り右翼もどきが「どうせなら注目されて死にたい(でも根がヘタレなので焼け死ぬ前に逃亡)」と考えて暴走したとしか思えません。巻き込まれた加藤氏もイイ迷惑だよな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です