「俺はヘビだ!」と暴れる長男を駆けつけた父親が噛み殺す・岡崎 ~ 呪いとか祟りとかの存在を連想してしまう「傷害致死」事件

 仮に、そういったオカルトやホラーな要素が本当に介在していたとしても、現場検証や検死、周辺捜査では、せいぜい関係者の精神疾患の有無しか調べられることはない。ぶっちゃけ、それだけの事件。

 だからこそ「怖い」んだけどね。この手の事件や事故、変死の類の一部は。

「ヘビを取りはらうため」父にかまれて長男死亡

 長男にかむなどの暴行を加えたとして、愛知県岡崎市の男が逮捕されました。「長男に取りついたヘビを取りはらうためにやった」と話しています。長男はその後、死亡しました。

 逮捕された岡崎市の無職・長屋勝巳容疑者(53)は、18日未明から夜にかけて、安城市に住む息子の卓弥さん(23)に頭突きやかむなどの暴行を繰り返し加え、けがをさせた疑いが持たれています。夜になって、卓弥さんがぐったりしたため病院に搬送しましたが、死亡しました。警察によりますと、卓弥さんが「俺はヘビだ」などと言って暴れたため、母親が長屋容疑者に助けを求めたということです。長屋容疑者は、「ヘビを取りはらうためやった」と供述しています。

(1月19日 ANN)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です