「スマイルプリキュア!」第11話「プリキュアがチイサクナ~ル!?」感想 ~ 「風の谷の親指一寸姫はミクロイドメリーポピンズ5」

 「その者、黒き衣をまといて交番の前に降り立つべし」…あれ?(笑)。とりあえず本日の教訓。「ダメなモノはダメ」。

f:id:kagura-may:20120415120257j:image

 CMでキュアデコルのポシェット下げてたおねいさん。足は綺麗だったがシュール過ぎる。

  • 今回は徹頭徹尾、「虫大嫌い」緑川なお嬢@CV井上麻里奈女史のヘン顔とパニック劇場を楽しむ回。それにしても、黄瀬やよい嬢@CV金元寿子女史の相変わらずのあざとさ、コッソリなおかーさんのキャラ崩壊を楽しむ青木れいか嬢@CV西村ちなみ女史のプチ腹黒さはともかく、マジョリーナさん@CV冨永みーな女史と第8話の警官さんが再びコンタクトとは、そして、まさかマジョリーナさんが警官さんにときめくとは予想外。マジョリーナさんがワカガエールで化けて、「以前お世話になった魔城おばあちゃんの孫」魔城莉奈(14)とか騙って、警官さんと一時の純愛を育むなんてエピソードがあったら楽しいだろうなー。
  • アカオーニさん@CV岩崎ひろし氏、またあんたが元凶か。キャンディ@CV大谷育江女史、またお前は余計なことを。
  • 虫以外に、高いところも苦手ななおかーさん。日野あかね嬢@CV田野アサミ女史とのNISSANコンビ、Wアへ顔が素敵。
  • 表面張力の描写とか、キャラの視点とサイズに合わせてSEが切り替わる演出が芸コマ。
  • 食料のごとく、アリさんに運ばれる星空みゆき嬢@CV福圓美里女史。賭けてもいい。夏にこれを元ネタにした薄くて高い本が必ず出る…それも多分グロ系が(ぉ)。該当者自重。
  • 鬱になる虫って新しいね(笑)。アリ「働きたくないでござる」とか?。それにしても、ダンゴムシが王蟲に見えてしょうがなかった今回。いいのか?。
  • アカンベェを出さすに、直接プリキュア達を踏み潰せばそれで勝てたマジョリーナさん。今一番勝利に近い大幹部なのに、おばあちゃん、酸素欠乏症もといボケが進行しちゃって…やっぱり若返ってもらうしかないな。
  • 今回の戦闘シーンは、キュアマーチ無双かと思ったら、結構皆して動く動く。植物を使っての立体機動素敵よ。とりあえず、身を挺してマーチを救ったキュアビューティ、虫さんを守ったキュアハッピー、謎のグレネード弾避け技を披露したキュアピースには◎。前回のキュアサニーもそうだったけど、皆成長しているってことなのかね?。
  • ラストは、「もう虫になんて負けない!」→「やっぱり虫には勝てなかったよ」なおかーさんの挙動不審なコサックダンス移動で〆。結局、なおかーさんが虫が苦手な理由ってなんだったの?。次回以降のお楽しみ?。
  • 今日のキュアピースじゃんけんはグー。カツオ(違)からの連絡が入るはずの夕方のサザエさんはどう出るか。
  • EDは、キュアハッピーがトップバッター。うーん。あ、原画に佐藤元氏が入ってる。
  • 次回予告。れいか嬢×キャンディとプチパワーアップエピソード。正直、このタイミングでそのエピソードは必要かな?と思うけど、楽しみに待ちましょう。
  • 今回は、成田良美脚本×三塚雅人演出×黒田成美絵コンテ×なまためやすひろ作監。ミクロイドプリキュア部が迷い込んだ草むらを「虫たちの町」と表現するあたりから、キュアマーチの「虫だって一生懸命生きている!」まで、さすがは説教臭さの成田節。相変わらずでなによりです。でも、お話自体は勢いと小ネタとギャグとなお嬢萌えだけで突っ走った感。ぶっちゃけ軽い。なお嬢が虫嫌いになった事情とか、バッドエナジーが虫からのものでもいい理由とか、そこらへんの背景とか内面描写があると、もっと良い話になったんじゃないだろうか。後日、フォローエピソードが作られることに期待。
  • あと、デーモン閣下不意打ち過ぎ。

1 個のコメント

  • >今日のキュアピースじゃんけんはグー。カツオ(違)からの連絡が入るはずの夕方のサザエさんはどう出るか。
    サザエさんはパー。通算成績はキュアピースの5勝3敗1分け。カツオ、順調に任務遂行中(笑)。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です