「スイートプリキュア♪」第20話「アアアア~♪ セイレーン、最後の作戦ニャ!」感想 ~ 「信じられぬと疑うよりも、あの子を信じてなくほうがいい」

 「にゃ」(「なく」違ぇ)

 最近のハミィ@三石琴乃女史は、底抜けの阿呆ぶりの中に垣間見せる人使いの上手さが際立ってましたが、今回、セイレーン様CV豊口めぐみ女史に見せた無垢な友情や信じる心は、それとは対極的な「驚きの白さ」。結構来るモノがありましたな。この純真さが次回のセイレーン様寝返り→キュア◎ート変化のカギになるのは、間違いないところですが、問題はその過程。

 「深き友情の末にハミィが流した涙(次回予告参照)が、セイレーン様の洗脳解除のカギになる」くらいならいいんですが、「セイレーン様と引き換えにハミィがマイナーないしその黒幕側に堕ち」「その罪の十字架を背負ったセイレーン様が、贖罪のためにキュアビー◎となって親友を救うために真の敵とバトる」なんて展開になったら、結構…美味しいやん(ぉ)

 いや、ニチアサでそこまではやらないと思いますけどね。一方、そこまでやらないと、フレッシュのせつな転生エピには遠く及ばないだろうですけどね。

  • それはそれとして、セイレーン様をおんぶしようとした時のハミィ。ウンコ直前か、ホモのネコ側の「バッチこーい!」のシーンのどちらかにしか見えなかったのは、神楽の心が彼女の1000倍汚れきっているからに違いない。
  • 洗脳って当事者が自覚しているもんなんだっけ?。教えてエロい人。
  • リア充小学生夫婦の片割れ・アコ嬢@CV大久保瑠美は、今回の反応を観る限りキュアミューズで決まりだろうな。「多分身内」音吉爺さんも出てくるようだし、人間関係も含めて次回「少しくらいは」話が進みそうだ。
  • とか思っていたら、秋の映画の宣伝で「キュアミューズの真相!!」。あれぇ?。まだ引っ張るのかぁ?。
  • 北条響嬢@CV小清水亜美女史、南野奏嬢@CV折笠富美子女史の主人公百合ップル。バトルシーンはボチボチだったけど、基本的に今回は「ハミィ×セイレーン様~愛のテーマ」の引き立て役に終始。たまにはそれも良しか。
  • 今回は、大野敏哉脚本×畑野森生演出・絵コンテ×河野宏之作監。とりあえず一番心配だった作画がゲフンゲフン。
  • 次回サブタイトル「ドックン! 奇跡のプリキュア誕生ニャ!!」。しかし、事情を知らずにエンドカードだけ見れば、4人目・キュアビ◎トって、つくづく「私カンペキ!」なあの人だよなあ。あと、このサブタイ聞いて「ダーティペア」を思い出した人、挙手( ´ ▽ ` )ノ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です