「なし崩しは芸能界の常」酒井法子の女優復帰劇な件について

 これまでの芸能界じゃ珍しいことじゃないけどさ。で、それはそれとして、暴力団関係者は芸能界から追放するんじゃなかったの?。のりピーに限らず、例外なしで。なーんか、こういうところもなし崩しだよなあ。

のりピー 舞台復帰作が正式発表「彼女の次なる一歩の手助けをしようと考えた」

 覚せい剤事件で執行猶予中の酒井法子(41)が12月15日から渋谷区文化総合センター大和田さくらホール(東京)で上演される時代劇「碧空の狂詩曲~お市の方外伝」で女優復帰することが27日、時代劇舞台サイト「一期一会」で正式に発表された。

 同作は、俳優としても活躍する斎藤歩(47)の脚本・演出で、酒井は主人公のお市の方を演じる。

 同サイトでは「彼女が過去に起こした事件について、心から反省し、役者として一からやり直すという言葉を受け止め、我々は彼女の役者としての次なる一歩の手助けをしようと考えました。この我々と彼女の思いを体現でき得るのは舞台しかありません」と復帰を手助けすることになった経緯を説明。

 「彼女が復帰するにあたり、第一に選んだものが舞台でした。彼女はあえて一番お客様の反応がダイレクトに返ってくる生の舞台を選びました。今後の一期一会、そして酒井法子の未来は舞台の目撃者である観客の皆様にかかっております」と呼びかけている。

(9月27日 スポニチアネックス)

 となると、次のなし崩し復帰はやっぱアレかね。島田紳助。

 ここで「[MAD] →→→↓→→↑→→↑→←」を紹介。


D

やはり複合MADは良い。ココロが踊る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です