「いまさらセラムン復活されても…」が本音な件について

 「セーラースターズ」で行き着くところまで行っちゃったからなあ。「ハンター×ハンター」みたく、ただ焼き直しされても詰まらんし…。ていうか、何となくだけど、「過去の制作会社や関係者の頭越しに」「ももクロのセールス用のネタに引っ張り出されてきました」臭がプンプンするんだけど>セラムン。本当に大丈夫か?。

20周年『セーラームーン』来夏新作アニメで復活 主題歌はももクロに決定

 今年20周年を迎えたアニメ『美少女戦士セーラームーン』を記念したトークイベントが6日、東京・六本木のニコファーレで行われ、新作アニメの制作決定(2013年夏予定)とアイドルグループ・ももいろクローバーZがその主題歌を担当することが発表された。ももクロはフランス・パリで開催中の「Japan Expo」会場から生中継でイベントに参加。セーラームーンのコスプレで登場し、「ムーンライト伝説」を熱唱した。

 ニコファーレでは、声優の三石琴乃(月野うさぎ/セーラームーン)、古谷徹(地場衛/タキシード仮面)、原作漫画・武内直子氏の担当編集者だった講談社の小佐野文雄氏が登壇。アニメの新シリーズの制作決定を受けて三石は「この作品が好きなまま大人になった人もたくさんいる中、アニメの新シリーズを作るにあたり、真摯に心を込めて前作よりもパワーアップする気持ちで臨まないと、納得してもらえないのではないか。頑張りたいと思います。私、出られるのかな?」と、一抹の不安を吐露しつつも「楽しみの一言です」。

 古谷も「冗談抜きに、もう20年なんだと思うとすごく感慨深い。当時5年間演じ続けて一大ブーム巻き起こした作品。またやってくれないかと期待していた。新作に関われたらいいな」とアピールした。

 小佐野氏は、新作については「映画ではありません。ただ、放送について詳しいことは何も決まっていない」と語るにとどまった。

 『美少女戦士セーラームーン』は、1992年、漫画誌『なかよし』(講談社)2月号から連載開始し、TVアニメ、劇場映画、ミュージカル、TVドラマなど、多くのメディアミックスで親しまれている作品。ムーンスティックなどの商品で爆発的な人気を集め、当時の社会現象にもなった。コミックスやアニメブックは世界17言語で発売されるなど海外でも人気があり、新作アニメでは世界同時公開を目指しているという。

(7月6日 オリコン)

 神楽は、昔同じようにキナ臭いプロジェクトに巻き込まれそうになったことがあるんで、余計そう思うんですよね。ちなみに、そのそのプロジェクトというのは、あの大戸天童が絡んでた「新作」の「宇宙戦艦ヤマト」構想。アレもたいがい酷かったな。関係した業界ゴロの胡散臭さぶりが。

 ここで「妹紅のウェディング」を紹介。


D

ウホッ、これはいいキマシタワー(笑)。そういや百合ップルの結婚式って、カップルの両方ともウェディングドレスを着るのかな?。それともタチの方はタキシード?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です