「いじめ自殺」中2名乗りメール、42歳女を逮捕

 長野県警伊那署は19日未明、同県伊那市伊那部、市臨時職員平沢真奈美容疑者(42)を偽計業務妨害の疑いで逮捕した。

 平沢容疑者は、市立小学校で事務の仕事をしており、別の市立小学校に、中学2年の卒業生を名乗って小学校時代のいじめを理由に自殺するとの虚偽の電子メールを送ったとされる。最近のいじめによる自殺予告メールや手紙に関連しての逮捕者は初めて。

 調べによると、平沢容疑者は15日午後0時40分ごろ、自分の携帯電話から「小学校5、6年といじめにあって先生にも伝えたけれど聞いてもらえなかった。冷たいあの時の先生を困らせるために死のうと思います」という内容と、実行日を「17日夕方5時」と指定したメールを送り、学校業務を妨害した疑い。

(読売新聞) – 11月19日

 自分の携帯からメールって…このオバハンってば倫理観云々以前にアホですか?。

 ちなみに、こういうアホウさんより、「文科省に遺書を出せば騒いでもらえる&相手にしてもらえる」という歪な自己憐憫厨や自己顕示欲厨in現役学生世代はもっと救えねーというのが、本件に関する神楽の持論。

 あんたら、こんなことしてたら、いずれどこかで宗教か政治団体に取り込まれるよ。日々の日常では自分の手が届かない大きなor大きく見えるものに安易に擦り寄って、安直な達成感に逃避しやがってさ。情けないったらありゃしない>該当者。

オウム事件はなぜ起きたか 魂の虜囚〈下巻〉 (新風舎文庫)

オウム事件はなぜ起きたか 魂の虜囚〈下巻〉 (新風舎文庫)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です