【自殺か】鳥取連続不審死の上田美由紀死刑囚が死亡、食べ物詰まらせたか 広島拘置所【事故死か】

どちらにしても死刑執行の結果じゃない。なんだかな。

鳥取連続不審死の上田死刑囚が死亡、食べ物詰まらせたか 広島拘置所(20231/15 朝日新聞)

 鳥取県で2009年に起きた連続不審死事件で、男性2人に対する強盗殺人などの罪で死刑が確定した元スナック従業員・上田(うえた)美由紀死刑囚(49)が14日、収容先の広島拘置所で死亡した。法務省が15日に発表した。食べ物を詰まらせたことによる窒息死とみられるという。

 法務省や広島拘置所によると、上田死刑囚は14日午後4時20分ごろ、自室で夕食中にむせて倒れた。音に気づいた職員がすぐに駆けつけ、口の中の食べ物を取り除くなどしたが、意識を失っていた。約15分後に到着した救急車で外部の病院に搬送され、同日午後6時57分に死亡が確認された。死因は窒息だった。

 上田死刑囚は今月10日にも昼食中に意識を失って救急搬送されたが、検査で明らかな異常はなく、拘置所に戻った。職員らはその後、注意して様子を見ていたが、自ら購入したピーナツやキャラメルといった硬い物も食べており、「咀嚼(そしゃく)できる状態」と判断して食事の内容は変更しなかったという。

 広島拘置所は「対応に問題はなかったが、亡くなったのは残念。今後も最善の策をとっていきたい」としている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。