【持ちこたえ続けるキエフ】国際社会によるSWIFTからのロシアの排除、ドイツからウクライナへの武器弾薬提供開始、プーチンの神通力霧消【風向きは変わった】

この1-2日間で風向きは変わり、1週間前の読みは外れた。それの背景となったのは、ゼレンスキー大統領@ウクライナの確変(注:政治家として優秀という意味ではない)とウクライナ国民の高い愛国心。


「土は国なり。国は人なり。そして、思想は国家なり」
「個人の感情は抜きにして国は個人のものではないとはよく言ったものだ」

1939-40年にフィンランドを攻めあぐねたソビエトの赤軍と同じ醜態を晒しつつある、2022年のプーチンのロシア軍。82年前の様に仕切り直すことはできるか。それとも…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。