今度は台湾と国交回復するのかな? ~ ブルキナファソで毎度恒例のクーデター発生、カボレ大統領が拘束される

【クーデター返しと中台二股は】中国、ブルキナファソと国交回復【ブルキナファソの惡の華】(2018/5/26)

いつものことです。最近はイスラム過激派とのドンパチで治安も急速に悪化してたしな。注目すべき点があるとすれば、今回のクーデターで「お家芸」外交上の掌返しが見られるかどうか。そのくらいだな。

アフリカ西部ブルキナファソの大統領拘束 軍がクーデターか(2022/1/24 時事通信)

 【ロンドン時事】アフリカ西部ブルキナファソのカボレ大統領が24日、兵士らによって拘束された。AFP通信などが伝えた。軍によるクーデターとの見方もある。首都ワガドゥグでは23日以降、兵士が国営テレビ局を包囲し、各地で銃撃戦も起きるなど不穏な動きが続いていた。

 大統領は兵舎に連行されたもようで、国会議長と複数の閣僚も拘束されたとの情報がある。ただ通信状態が悪く、情勢の確認は困難。政府は23日時点の声明でクーデターを否定していた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。