「自公278立民128/465」2021衆院選公示日直前予想な件について

第49回衆議院議員総選挙の公示日まであと2日間。唯一の不確定要素だった、山本太郎@れいわ新選組の比例東京ブロックでの出馬が発表されました。そこで、本日は現時点までの公表情報ベースで各選挙区の状況分析を行いました。分析に基づく全体予想はこんなところです。

  • 自公は解散時の304議席(注:欠員含まず)から減少しますが、自民党だけで衆議院定数(465議席)の半数(233議席)や安定多数(244議席)を超える249議席を確保し、自公で絶対安定多数(261議席)を上回る278議席を獲得できると予想されます。特に自民は、選挙後に追加公認が確定している無所属扱いの候補が複数人いますので、その分議席を伸ばすでしょう。
  • 立憲民主党は128議席を獲得できると予想されます。特に東京・神奈川・埼玉・愛知といった大都市圏や北海道・岩手・宮城・福島・新潟のように革新色の強い地域で、自公勢力と互角あるいはそれ以上の勝負をしており、更に数議席上乗せできる展開がありえます。
  • 日本維新の会は23議席、共産党は17議席へと議席数を伸ばすと見られます。国民民主党は12議席を獲得できる見込みですが、各比例ブロックにおける立民・維新・共産との最後の1議席の取り合いの中で1~2議席減らす可能性があります。
  • 旧希望の党系や、スキャンダル関係で無所属出馬となった自民党系を中心に、議席獲得可能な無所属候補は5名いると想定されます(注:選挙後の追加公認が確定済みの隠れ●●を含みます)。比例では、主要政党以外にれいわ新選組が1議席を獲得する可能性があります。
政党名 選挙区予想 比例予想 合計
自民党 181 68 249
公明党 9 20 29
立憲民主党 80 48 128
日本維新の会 7 16 23
共産党 1 16 17
国民民主党 5 7 12
社民党 1 0 1
諸派・無所属 5 1 6
合計 289 176 465

結果が出てないうちに言うのもアレですが、


「今回の衆院選で政権交代は起きません☆」

本エントリー時点の各ブロック予想の詳細は、10/17と10/18の2回に分けて述べます。でわでわ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です