【電話回線から資金洗浄まで】IP電話回線レンタル会社「ボイスオーバー」関係者の村松敬泰&河野佑太郎、逮捕【ワンパッケージで提供】

  • 福岡、秋田など4県警の合同捜査本部は30日、IP電話回線レンタル会社「ボイスオーバー」(東京)の経営者、村松敬泰(38)=神奈川県厚木市妻田南1=と、傘下業者の河野佑太郎(35)=東京都日野市日野台5=の両容疑者を組織犯罪処罰法違反(犯罪収益等隠匿)容疑で逮捕したと発表した。
  • 福岡県警捜査2課によると、ボ社は特殊詐欺用に回線を貸し出す業者で、国内での取扱数が大規模とされる。
  • 河野容疑者の口座に入った犯罪収益はボ社に流れていた。県警は両容疑者が資金洗浄を繰り返し、ボ社の利益を上げていた可能性があるとみている。

東京の道具屋がやらかした青森のマネロン事件が直接の逮捕容疑だが、福岡県警の捜査二課がイの一番に出張ってメディア対応しているあたり、普通の合同捜査じゃないな。

大物狙いの匂いがプンプンしますわ。よきよき。

特殊詐欺、80億円被害か 資金洗浄容疑 IP回線業者逮捕

 特殊詐欺による収益をマネーロンダリング(資金洗浄)したとして、福岡、秋田など4県警の合同捜査本部は30日、IP電話回線レンタル会社「ボイスオーバー」(東京)の経営者、村松敬泰(38)=神奈川県厚木市妻田南1=と、傘下業者の河野佑太郎(35)=東京都日野市日野台5=の両容疑者を組織犯罪処罰法違反(犯罪収益等隠匿)容疑で逮捕したと発表した。認否は明らかにしていない。

 福岡県警捜査2課によると、ボ社は特殊詐欺用に回線を貸し出す業者で、国内での取扱数が大規模とされる。貸し出した先の特殊詐欺グループによる被害は2013年以降の約8年間で約4600件、計約80億円に上るとみられ、経営実態の解明を進める。

 逮捕容疑は、2人は共謀して昨年7月10日、IP回線を貸し出した特殊詐欺グループが青森市の女性(当時56歳)から通販サイトの未納料金名目でだまし取った電子マネー(5万円相当)を現金化するため、買い取り業者に出品し、代金として3万6725円を河野容疑者の口座に振り込ませたとしている。

 河野容疑者の口座に入った犯罪収益はボ社に流れていた。県警は両容疑者が資金洗浄を繰り返し、ボ社の利益を上げていた可能性があるとみている。河野容疑者は未納料金名目で電子マネーをだまし取ったとして今年2月に詐欺容疑で逮捕され、その後の捜査で村松容疑者の関与が浮上した。【中里顕】

(2021/9/30 毎日新聞)

ここで「【東方MMD】わかさぎ姫は海の生き物について学ぶようです」を紹介。

アピール凄いなあ(何の?)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。