【狡兎死して】アリババに独占禁止法違反で罰金3050億円 ~ 中国当局【走狗烹らる】

 取引先にオンラインの出店先を同社の通販サイトに絞るよう圧力をかける「二者択一」の独占的行為を行っていたと認定した。

「口実だよね」

 同総局(中国国家市場監督管理総局)は今年2月、アリババや騰訊(テンセント)などのIT大手を視野に入れた取り締まり指針を公表。二者択一のほか、ビッグデータやアルゴリズム(計算手法)を使って顧客ごとに価格を変更する行為などを摘発する方針を示している。

「これも口実だよね」

「世にいう『爺さんはもう用済み』ってヤツですね」

2500年前の范蠡の教えは正しかった。つるかめつるかめ。

アリババに罰金3050億円 独禁法違反で過去最高額―中国

【北京時事】中国国家市場監督管理総局は10日、同国電子商取引最大手・阿里巴巴(アリババ)集団に対し、独占禁止法違反で182億2800万元(約3050億円)の罰金を科したと発表した。取引先にオンラインの出店先を同社の通販サイトに絞るよう圧力をかける「二者択一」の独占的行為を行っていたと認定した。
米紙によると、中国では過去最高の罰金額。アリババに対しては当局が圧力を強めていたが、巨額の罰金で経営に大きな影響が出そうだ。
同総局は昨年末にアリババの調査に着手。同社が2015年以降、市場の支配的地位を乱用して取引業者に二者択一を要求し、「不正に競争上の優位を得ていた」と認め、19年の国内売上高(4557億元)の4%相当を罰金として科すことを決めた。
同総局は今年2月、アリババや騰訊(テンセント)などのIT大手を視野に入れた取り締まり指針を公表。二者択一のほか、ビッグデータやアルゴリズム(計算手法)を使って顧客ごとに価格を変更する行為などを摘発する方針を示している。

(2021/4/10 時事通信)

ここで「【MMDモーショントレース】GUMIに「願わくばハッピーエンドを」を踊ってもらいました【配布】」を紹介。

願わくばアリババにハッピーなエンドを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。