【とりあえず】「キャッツ」の異名を持つ泥棒女性34歳の捜査終結へ【顔のイラストとプロポーション情報の続報をはよ】

話はそれからだ。

んでもって、担当刑事の誰と結婚して、人生やり直すことになったんだ?キャッツは?(白目)

トイレの高窓から侵入、「キャッツ」の異名…泥棒の女を送検

栃木、茨城両県で窃盗を繰り返したとして、栃木県警などは7日、茨城県常陸大宮市抽ヶ台町の無職の被告の女(34)(住居侵入罪と窃盗罪で公判中)を近く、窃盗容疑などで水戸地検に送検し、捜査を終結すると発表した。
発表によると、女は2018年12月~今年4月、栃木、茨城県内で空き巣などを43回繰り返し、現金や貴金属、ゲーム機など計約210万円相当を盗んだ疑い。「仕事がなく、生活費や遊ぶ金がほしかった」と容疑を認めている。
県内では、大田原市や那珂川町、那須烏山市など県北東部の被害が多く、人家のまばらな農村部に集中していたという。トイレ上部の高窓から侵入するなどの身軽さから、捜査員たちは容疑者を「キャッツ(猫)」などと呼び、捜査を進めていた。

(2020/8/8 読売新聞)

ここで「【東方MMD紙芝居】死体と怨霊」を紹介。

世の中はだいたい理不尽の集合体。理不尽と理不尽でバランスがとれているから不思議よね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。