「ヒーリングっど♥プリキュア」第18話「ハートにズッキュン!ニャトランの恩返し」感想 ~ 「ふたりは両想い Trust Heart」

ニャトラン@CV金田アキ女史「燃えたよ…まっ白に燃えつきた…まっ白な灰に…」

「憧れのマドンナ・日下織江さん@CV前田玲奈女史のパートナーが炎さんで、今日の登場エレメントさんが火だっただけに、そりゃもうまっ白にニャ…」

というニャトランの悲恋話だけに終わらなかったのが、第18話の良いところ。実をいうと、ニャトランの「浮気」を、平光ひなた嬢@CV河野ひより女史は何故呑気に見逃して、ニャトランの恋の後押しをしたり、織江さんのアロマショップを手伝ったりできるんだ?と思いながら途中まで観ていました。




そんな謎が解けたのは、この一連のシーン。

「あたしはさ 1つのことに集中するのって苦手じゃん?」
「だから何かを特別に好きっての分かんないんだ」
「でも…ニャトランの特別な好きを守ることはできる」




第4・13話で積み上げた二人の信頼関係、お互いがお互いのコンプレックスを知る故の絆があるから、ひなた嬢のこのセリフが活きる。そして、そこからの

「やった!あたしたち両想いじゃん!」

第13話で明かされたひなた嬢の自己評価の低さ癖は、まだ残っている。だが、だからこそ、その弱さを曝け出してできる何かがあることを、彼女は大切に感じている。ニャトランはその想いを共有できるパートナー。故に、ニャトランが浮気心を見せても、ひなた嬢の「献身」は変わらなかった。

多分、コンプレックス絡みのひなた嬢の葛藤はこれからも続く。「ヒープリ」スタッフはその葛藤が少しずつ自信へ昇華される姿をこれからも描いてくれるだろう。第13話のように、今回の第18話のように。

改めて申し上げます。第18話、良回でした。「ヒープリ」は過去回を使って丁寧にキャラの深堀りをしてくれるから、ほんとしゅき。

次回いきなり登場のキュアアースさん@CV三森すずこ女史の前に、保護者/マドンナプリキュアのキュアオリエさん爆誕で、大きなお友達に心の準備をさせてくれるからしゅき。



次回予告いきなりのかめはめ波で「制作会社が同じだから大丈夫…だよね」と大きなお友達をハラハラさせてくれるからしゅき。

今回みたいないい話でも、こういうシーンを入れてくれて、一部の大きなお友達の邪心をズッキュン狙い撃ちしてくれるから大しゅき (*´Д`)ハァハァ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です