「ヒーリングっど♥プリキュア」第16話「友情の誓い!永遠の大樹の下で」感想 ~ 「ときめきプリキュア 桃園の誓い」





「我ら三人、天に誓う!」
「生まれし日、時は違えども!」
「プリキュアの契りを結びしからは、心を同じくして助け合い、病みし者たちを救わん!」

「同年、同月、同日に生まれることを得ずとも、同年、同月、同日に死せん事を願わん!」

本編のセリフとちょっと違うけど、言っていることは作品内容的にだいたい同じ。





友情だけでなく、この世に永遠のものはない。でも壊れた後からやり直すことはできる。再生することもできる。


ニチアサに再登場することもできる。そういうお話。イイハナシダナー(ホントだよ)。

それはそれとして、男2女1の組み合わせは仲たがいの始まりという浮世の真実を幼女先輩たちに教え込む「ヒープリ」スタッフ。恐ろしい子…!

とりあえず、


カメラさん、もう少し下、地面すれすれの位置からもう2.3枚いってみようか(←あいかわらずのゲス視点ですいません)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です