「鍵を無くしたから泊めて」と飲酒運転で警察署にやってきた藤木慎吾40歳、アルコール検知の記録紙を食べる→無事に署内でお泊まり(留置) ~ 佐賀県武雄市

佐賀県武雄市で、飲酒運転をして警察署を訪れ、アルコール検知後に測定結果が書かれた紙を食べて警察官の職務を妨害したとして、40歳の男が現行犯逮捕されました。

つまりこういうことですね。

おまわりさんから しょるいが ついた
しんごさんたら よっぱらって たべた
しかたがないので おまわりさんに きいた
さっきのしょるいの なかみは なあに

ほのぼの。飲酒運転と公務執行妨害のW逮捕だけど、なんだかほのぼの。

それはそれとして、

  1. 藤木容疑者は、署を訪れる前に「家の鍵を失くしたから警察署に泊めてくれ」と電話をかけていて
  2. 結果的に現行犯逮捕され
  3. 警察署に留置されることになりました

記者氏はこの3節を書きたかっただけだろうと問い詰めたい。「ちゃんと泊まれたね!よかったね!」とオチをつけたかっただけだろうと問い詰めたい。小一時間問い詰めたい。

飲酒運転で警察署に「鍵を失くしたので泊めて」

佐賀県武雄市で、飲酒運転をして警察署を訪れ、アルコール検知後に測定結果が書かれた紙を食べて警察官の職務を妨害したとして、40歳の男が現行犯逮捕されました。
警察によりますと、住所・職業不詳の藤木慎吾容疑者(40)は、24日午前5時すぎ、車で武雄警察署を訪れました。
その際、藤木容疑者から酒の臭いがしたため、警察が飲酒運転の疑いで検査したところ、測定結果が書かれた記録紙を突然食べ始め、警察官の職務を妨害した疑いがもたれています。
藤木容疑者は、署を訪れる前に「家の鍵を失くしたから警察署に泊めてくれ」と電話をかけていて、結果的に現行犯逮捕され、警察署に留置されることになりました。
藤木容疑者の吐いた息からは、基準値の4倍近くのアルコールが検知されていて、警察は、飲酒運転の疑いでも立件する方針です。

(2020/5/24 九州朝日放送)

ここで「【東方MMD酔混祭】四季映姫の長い休日」を紹介。

終わりよければ全て良し。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です