【そして北朝鮮は】韓国「GSOMIA破棄に米国は理解を示した」→米国「んなこと言ってねーよ。文在寅政権は嘘つくな」→韓国「言い直します。米国と協議して意思を疎通しました」【今日もミサイル発射】

一向にドルも寄こさず経済支援も再開しないことを金正恩から責められ続け、米韓軍事演習中は連日のようにミサイルを自国近海に撃ち込まれ、ついでに側近の不正疑惑でにっちもさっちもいかなくなって、日本への敵視政策に逃げ道を求めた文在寅のGSOMIA破棄。関ケ原で徳川家康から鉄砲撃ち込まれて、半パニで西軍から東軍に寝返った小早川秀秋の如し。

でも、その逃げ道開通の翌日に米国から激詰めされ、北朝鮮からはかわらずミサイルを撃ち込まれ、挙句、そのミサイル警報は日本の方が韓国より早く出たというから、なんかもうアレだ。

とりあえず、外交関係で「本当のことを言わない」のはセーフだが、「嘘を吐く」のはアウトだぞ。その程度のことも弁えないほど劣化しているのかねえ。韓国政府の上層部は。

「米が理解した」と言っていた青瓦台、翌日「米と疎通した」と言い直す

 青瓦台(韓国大統領府)は23日、韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)終了決定前に米国と協議し、コミュニケーションを取ったとした。前日は「米国に理解を求め、米国は理解した」と言っていた。だが米国政府消息筋はこの日、「韓国政府は一度も米国の理解を得たことはない」と発言した。これにより「青瓦台のうそ」論争が大きくなったことを受け、後になって言葉を変えたのだ。
 金鉉宗(キム・ヒョンジョン)国家安保室第2次超は23日のブリーフィングで「米国は韓国にGSOMIA延長を希望した」「米国が表明した失望感は米国側の希望が実現しないかったことに伴うもの」と語った。続いて「外交的努力にもかかわらず日本から反応がなければGSOMIAの終了は避けられない、という点を(米国に)持続的に説明した」として、「私がホワイトハウスに行って相手方と会ったときも、このポイントを強調した」と発言した。「米国が理解したのか」という質問が相次いだが、これに対する回答は避け、事前協議の事実だけを強調した、政界からは「政府は波紋を小さくするためうそをついたのではないか」という批判の声が上がった。
 与党「共に民主党」の李海植(イ・ヘシク)スポークスマンは23日「米国政府が遠回しに遺憾を表明しているその実際の内容は、これまでの日本の傲慢な態度を併せての表現」と主張した。米国政府の懸念は韓国に向けたものではなく、日本を含む「韓日」双方を意識したものだという趣旨だ。その上でイ・スポークスマンは「一部メディアや野党は、あたかも韓米同盟と韓米日安全保障協力体系が崩壊するかのように不安をあおっている」として野党やメディアを批判した。しかし外交関係者の間からは、米国の強い懸念の表明を「我田引水」の形で解釈したという批判の声が上がった。
 与党内の日本経済侵略対策特別委の委員長を務める崔宰誠(チェ・ジェソン)議員も取材陣に対して、米国の「失望した」という反応について「(韓日)両国に共通的に語り掛ける、そういう基調を下敷きにしているもの」「GSOMIA終了は実際的には日本がさせたこと。(韓国政府は)日本の実質的な破棄を受け入れたのと変わらない」と主張した。

(2019/8/24 朝鮮日報)

ここで「【.LIVE】メリーミルクちゃんが可愛すぎるEVERYBODY【MMD】」を紹介。

はい。かわいい。心和むわー。今日みたいな日は特に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。