第25回参院選序盤予想~「自公76・改憲85/124」な件について

公示後初の週末を迎えた第25回参議院選挙。既に勝負が見えている選挙だし、諸メディアの予想とも大きく変わりませんが、恒例行事的にいつもの議席予想をば。

  • 北海道ブロック(定数3):自民2、立民1

高橋はるみ@自民は鉄板。次いで勝部賢志@立民。残る1議席を巡って岩本剛人@自民と原谷那美@国民が競り合うが、原谷の後ろ盾・「勝部もお世話せにゃならん」連合北海道の動向を見ていると、どう見ても、岩本の方が有利。

  • 東北ブロック(定数6):自民5、立民1

自民党内で第24回参院選の大敗と先の統一地方選の内ゲバの反省がどこまで活かされているか、イマイチ計りかねるところがあるブロック。全体的に見て自民復調だけどね。中泉松司@自民が鉄板の秋田以外はまだどこも接戦中だが、青森・山形・福島は自民候補勢力が優位な状況。一方、ガチの接戦というか、人間関係ドロドロ香味料が効き過ぎていて、見ているのすらつらたんなのが岩手と宮城。おまえらなかよくけんかしな。

  • 北関東ブロック(定数8):自民4、公明1、立民2、共産1

このブロックは6年前からあーんまり勢力図に変化なし。そんな中、定数が1枠増えた埼玉選挙区、遂に当選するか?伊藤岳@共産!

  • 南関東ブロック(定数8):自民4、公明1、立民2、維新1

千葉は石井準一&豊田俊郎@自民、長浜博行@立民。山梨は森屋宏@自民で鉄板。ここまではいい。文句はない。腹が立つのは、神奈川(定数4)。「希望の党代表時代から心は維新サンのモノ」だった松沢成文が、希望の党を離党後即日本維新の会に入党して、同党候補でちゃっかり当選しそうな点。この御仁の心には貞操感ってモノがないのかね。

  • 東京ブロック(定数6):自民2、公明1、立民1、維新1、共産1

丸川珠代@自民、山口那津男@公明、吉良佳子@共産、塩村文夏@立民までは鉄板。「山本太郎が比例に行ってくれて最大の恩恵を被った」音喜多駿@維新も多分当選。神奈川の松沢成文同様、気に喰わんけど仕方ない。最後の1枠は武見敬三@自民だろうが、山岸一生@立民か水野素子@国民に喰われる可能性も微レ存。

  • 北陸信越ブロック(定数5):自民3、国民1、野党統一・無所属1

富山は堂故茂、石川は山田修路、福井は滝波宏文。以上3県は自民でほぼ決まり。長野は羽田雄一郎@国民で鉄板。悩ましいのが新潟。塚田一郎@自民と打越さく良@野党統一、どっちがマシ?と問われれば、どっちもどっちなんだよなあ。

  • 東海ブロック(定数8):自民3、公明1、立民2、国民1、野党統一・無所属1

いつも程よく荒れる東海ブロック。鉄板なのは岐阜の大野泰正@自民だけ。静岡の2位に徳川家広@立民が来たら、正直驚くけど、結構ありそうなんだよなあ。

  • 近畿ブロック(定数12):自民6、公明2、立民1、維新2、共産1

二之湯武史@自民と嘉田由紀子@野党統一が出力120%なステゴロファイトをやらかしている滋賀と、「最終枠は辰巳孝太郎@共産と梅村みずほ@維新のどっちが獲るの?」な大阪以外は、あんまり見るところないかなあ。

  • 中国・四国ブロック(定数8):自民7、野党統一・無所属1

このブロックについては一言だけ。「らくさぶろう以外の候補を担ごうという奴はおらんかったのかや?愛媛の自民党県連の偉い衆には」

  • 九州ブロック(定数10):自民7、公明1、立民1、野党統一・無所属1

自民以外の3人は、福岡の野田国義@立民と下野六太@公明、沖縄の高良鉄美@野党統一。あとは無風。本当に無風。こないだの豪雨が嘘のように波乱なし。

比例の議席数は、現在の政党支持率から「自民19、公明7、立民10、維新5、共産4、国民3、社民1、野党統一・諸派無所属(れいわ新選組)1」と予想。これに選挙区の予想を合せた結果が下表です。

政党名 選挙区予想 比例予想 合計
自民党 43 19 62
公明党 7 7 14
立憲民主党 11 10 21
日本維新の会 4 5 9
共産党 3 4 7
国民民主党 2 3 5
社民党 0 1 1
野党統一・無所属 4 1 5
合計 74 50 124

こんなもんでしょう。もっとも、

「れいわ新選組が比例で議席を確保し、山本太郎が議席を維持するためには、当確相場の350万票ではなく、同政治団体を国政政党として認めさせるための500万票を集める必要があるんだけどね」

これが成ったら、ぶっちゃけ大したもんですよ。メロリンQ。

与党、支持獲得へ引き締め=野党は暮らし重視訴え-参院選最初の週末【19参院選】

参院選公示から最初の週末を迎えた6日、与野党党首らは全国各地で支持を訴えた。
報道各社の序盤情勢調査で与党が改選議席(124)の過半数を確保する見通しが報じられ、安倍晋三首相は各陣営の「緩み」を警戒し「本当に厳しい戦いだ」などと引き締めを図った。野党は巻き返しに懸命で、立憲民主党の枝野幸男代表は「暮らしを守る参院選だ。力を貸してほしい」と訴えた。
首相は、勝敗を左右する改選数1の「1人区」のうち、接戦が予想される滋賀県を訪問。長浜市などの街頭で「強い経済をつくれば、年金を守り、増やすことができる。さらに強い経済を前に進めたい」と力を込めた。その後、大阪市へ移動。商店街を練り歩き、支持を呼び掛けた。
公明党の山口那津男代表は愛知県刈谷市で街頭演説した。「経済政策をしっかりすることで年金はますます強くなる」と述べ、公的年金制度に対する世論の不安払拭(ふっしょく)に努めた。
一方、枝野氏は京都、大阪両府や兵庫県を行脚。大阪市の街頭で「家計を豊かにし、将来不安を小さくすることが、何より求められる景気対策だ」と生活重視の姿勢を強調した。
国民民主党の玉木雄一郎代表は佐賀市で「野党が力を合わせ、安倍政権に『今の政治はおかしい』と明確に突き付けなければならない」と力説し、共産党の志位和夫委員長は千葉県習志野市で「野党は32の1人区、最大限の協力で勝利を目指す」と共闘をアピールした。
日本維新の会の松井一郎代表は拠点の関西を離れ、水戸市で「日本を持続可能にするには、税金の使い方を根本から見直さないといけない」と主張した。社民党の福島瑞穂副党首は川崎市で「自民、公明、維新が参院選で3分の2以上を占めたら、秋の臨時国会で憲法9条改悪を発議するのではないか」と指摘し、阻止を訴えた。

(2019/7/6 時事通信)

ここで「獄・さよなら電脳先生OP – 偶像ルンバ」を紹介。

文化的過ぎィ!!

2 件のコメント

  • 待っておりましたぞ

    やはりそうなっちゃいますか
    まあブラック企業グループ元会長では厳しいですよね、しかし県民の覚醒はまだ遠いですな

    • 県民さん

      コメントありがとうございます。
      地元の自公勢力はここに来て安里繁信を擁立ですかー。
      創価学会沖縄支部の元偉いサンが神輿ですかー。
      どこかからの補助金が大好きな沖縄観光コンベンションビューローの元会長ですかー。
      他にまともな候補は見当たらなかったんですかー。

      沖縄は…ホント大変ですね。でも、いつかきっと少しは沖縄県の声をバイアス無しに
      代弁してくれる候補が名乗りを挙げてくれますよ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。