【創業家出身者 vs】「建材メーカーなのに酷いガタつき」LIXILグループの新旧CEOが泥仕合【プロ経営者】

おいらのちっぽけな経験からいうと、創業家出身者とは「責任を取らない人種」。プロ経営者とは「責任を認めない人種」。

詰まるところ、今回LIXILで起きている泥仕合は「似た者同士の同属嫌悪」に過ぎない。

同じ穴の狢オヤジの醜悪なドツキ合いに付き合わなきゃならんLIXIL上層部や従業員、株主はいい迷惑だな。

新旧CEOが泥仕合=後任人事にらみ-LIXIL

大手住宅設備メーカーLIXILグループの新旧トップが18日、首脳人事をめぐって泥仕合を演じた。創業家出身の潮田洋一郎会長兼最高経営責任者(CEO)は記者会見で、2019年3月期に巨額赤字に陥る見通しとなった原因として、瀬戸欣哉前社長兼CEOの「無策ぶり」を指摘。瀬戸氏更迭の正当性を訴えた。一方、返り咲きを狙う瀬戸氏は、6月の株主総会で議題となる取締役の選任案に関して「潮田氏の影響力をなくすのが必要だ」と全面対決を宣言した。
「11億円の年俸を得ながら赤字を招いた責任をどう考えるのか、大変いぶかしく感じる」。潮田氏は高額報酬で迎え入れた「プロ経営者」瀬戸氏の手腕を、こう切り捨てた。LIXILはイタリア子会社の経営悪化に伴う損失で、19年3月期の連結純損益が530億円もの巨額赤字に転落する見通し。潮田氏は「瀬戸氏は何の手も打たなかった」と怒りをぶつけた上で、瀬戸氏起用を主導した「任命責任」を取るとして、辞任カードを切ってみせた。
一部の株主は、潮田氏と現社長の山梨広一氏の取締役解任を求め、臨時株主総会の開催を要求していた。今回の辞任表明で、潮田氏は解任に追い込まれる事態を回避。瀬戸氏は18日、記者団の前で「話のすり替えだ」と猛反発した。
また、巨額の損失計上を招いた伊子会社の買収は、潮田氏が主導した経緯がある。瀬戸氏は「もっと早く撤退できれば良かったが、社内事情で困難だった」と反論。暗に潮田氏への忖度(そんたく)が損失拡大を招いたとにおわせた。
後任人事に向け、瀬戸氏は定時株主総会で自身を支持する取締役の選任を求めて株主提案を行うが、保有株数が限られ、可決のめどは立っていない。潮田氏は創業家として影響力を維持できる顔ぶれを推す可能性が高く、瀬戸氏は「気に入った人を選ぶなら、かいらい政権と言わざるを得ない」とけん制した。突然の辞任劇の背景には潮田氏のしたたかな打算も透けて見える。

(2019/4/19 時事通信)

ここで「【四季映姫・ヤマザナドゥ】 [A]ddiction 【1080p】」を紹介。

映姫様にも白黒つけづらい、グレーなオッサン二人の泥仕合。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です