【乱立と】清々しさに欠ける東京中央区・三鷹市・清瀬市の市区長選【分裂と】

昨日のエントリー「第19回統一地方選・後半戦スタート ~ 前半戦以上に「つまんなーい」結果で終わりそうな東京16市区長選+α予想」の続き。

東京・中央区長選

  • 本命 西田主税:立憲民主党 共産党 自由党 社民党
  • 対抗 山本泰人:自民党 公明党
  • 大穴 上杉隆:
  • 熊倉哲也:
  • 梅原義彦:

現職・矢田美英が長年固めていた2万票がどういう割れ方をするか、上杉隆に「現職の後継に海苔屋の爺様は無いだろ?」自民公明離反票と「反安倍・反既存大手メディアの自分としては官僚出の堅物西田より…」野党連合離反票のどちらが多く流れ込むか、に注目な中央区長選。つか、それ以外見るところがない。

と、突き放してはいるけど、この中央区長選の結果によって、参院選の東京都選挙区の傾向がぼんやりと見えてきそうな予感もあったり。というわけで、敢えて推薦の有無などを無視し、候補者自身のスペックと経歴、発言だけを素直に判断した結果、西田を本命に推す。しかる後に、おいらの仮説と中央区民の民意との乖離がどの程度発生するかを確認したい。

東京・三鷹市長選

  • 本命 河村孝:
  • 対抗 清原慶子(現職):

現市長「4年前の禅譲なんてなかったことにしてよ」前副市長「開き直るその態度が気に入らないのよ」が発端となった、トホホな保守分裂選挙。保守陣営というかこれまで現職の清原を推していた地元の自民勢力が股裂き状態になっているだけだが、三鷹総支部のTOPが河村推しに回ったし、ここは世代交代成功かな。ただ、他の保守分裂と違ってここは後でシコリが残るぜえ。

東京・綾瀬市長選

  • 本命 中村清治:自民党
  • 対抗 渋谷金太郎(現職):
  • 池田いづみ:共産党 自由党 社民党

「自民党が見捨てた自民党員の現職市長へ引導を渡すために自民党清瀬総支部長が刺客として立候補」という

「身内の始末は市長選前に、な?」と突っ込まずにはいられない保守分裂選挙。いくら池田の出番ナッシングの保守地域・清瀬だからって、ちょっとこの展開は恥ずかしいぞ。

熊本県人吉市、大阪府寝屋川市、長崎市長選についての予想は、あと1つ2つ面白い戦場をみつけてからまた今度。

ここで「【ASTERIA】Justice OR Voice【ミリシタMAD】」を紹介。

いくさの見本。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です