【純国産】新元号は「令和」【第一号】

元ネタは、万葉集の「時に初春の令月にして、気淑く風和ぐ。梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす」。

いいんじゃない。雅だ。文意も悪くない。新時代の始まりの元号として心に響く。

何より「出典=中華系文献主義からの脱却」というメッセージ性がいい(政治脳ですいません)。

新元号は「令和」、5月1日施行 出典は「万葉集」、日本の古典初

政府は1日、「平成」に代わる新元号を「令和(れいわ)」と決定した。今の天皇陛下が改元政令に署名され、同日中に公布。4月30日の天皇陛下退位に伴い、皇太子さまが新天皇に即位する5月1日午前0時に施行される。皇位継承前の新元号公表は憲政史上初。出典は「万葉集」で、中国古典でなく、国書(日本古典)から採用したのは確認できる限り、初めて。「大化」(645年)から数えて248番目の元号で、1979年制定の元号法に基づく改元は「平成」に続いて2例目となる。
改元は明治以降、天皇逝去に伴う皇位継承時に行われてきた。今回は退位特例法に基づき、逝去によらない改元となる。

(2019/4/1 時事通信)

ここで「【ケムリクサ】The Life in the KEMURIKUSA【MAD】」を紹介。

良きものを次代に残すためにはルールを変えることも必要な時がある。新元号がその先例となったんだ。ドワンゴも見習え。いや、見習ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。