【華為包囲網】ポーランドでファーウェイ幹部がスパイ容疑で逮捕される【欧州でも展開加速】

米国の政府機能はマヒしていても、米国の警告は機能中ということか。

【米国の仮想敵は】中国・華為製品の使用中止を日欧の同盟国に要請 ~ 米国政府【中国企業だけじゃない】(2018/11/23)

国防総省のサイバーセキュリティ基準・NIST SP800-171に引っかかる危険な企業や脇甘な組織は、全部身内から排除するつもりなんだよ。米国は。
「ステイツに仇なす輩は、USAを取り巻くサイバー環境から締め出し!叩き潰す!」
「それが中国企業だろうと!イタリア企業だろうと!日本企業だろうと!!」

サイバー空間とその周辺は既に世界大戦の様相だな。


「さあ、戦争だ」
「盗んだり盗まれたりしょう」
「暴いたり暴かれたりしよう」
「殺したり殺されたりしよう」

国家のエゴに価値などない
価値なき者同士の争いに
命の徒花を咲かせて見せろ!

ポーランド当局、ファーウェイ幹部を逮捕 スパイ容疑

【ベルリン=宮下日出男】ポーランド情報当局は11日、同国に対するスパイ活動を行っていた疑いで、中国人1人とポーランド人1人を逮捕したと明らかにした。ポーランドの国営テレビによると、中国人は中国通信機器大手「華為技術(ファーウェイ)」の現地支店の幹部で、当局は2人が中国情報機関のために活動していたとみている。
現地報道では、2人は8日に拘束された。華為の幹部は現地の販売担当責任者で、過去に現地の中国領事館で働いていたとも伝えられる。逮捕されたポーランド人はかつて同国の情報機関に所属し、最近はポーランドの通信会社に勤務。現地当局はすでに華為の事務所などを家宅捜索し、関連文書などを押収した。
2人は有罪の場合、最大10年の禁錮を科せられる。AP通信によると、中国大使館側は11日、ポーランド外務省担当者と面会し、説明を要請。大使館報道担当者は「公正な事件の取り扱いを求める」と述べた。
華為をめぐっては、機密情報漏洩(ろうえい)の懸念から米国が製品の政府調達を禁止し、昨年12月には米国の要請でカナダが孟晩舟(もうばんしゅう)副会長兼最高財務責任者(CFO)を逮捕。欧州でも欧州連合(EU)やチェコが華為製品の使用は治安上の脅威となると表明するなど警戒が強まっている。

(2019/1/11 産経新聞)

ここで「【MMD東方】 Opposite World 【レミリア・スカーレット】」を紹介。

現実のサイバー空間と違って何と美しい二次元世界。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です