【誤:調査結果が間違ってました】技能実習生の失踪動機は「より高い賃金を求めて」ではなく「低賃金」 ~ 法務省が訂正【正:調査設問/ヒアリングが不適切なのがバレました】

法務省は16日、失踪した技能実習生の調査結果に誤りがあったと与野党に明らかにした。「より高い賃金を求めて」との失踪動機が約87%としていたが、修正の結果「低賃金」が約67%を占めたとした。

「外国人実習生が失踪したのは、金銭面で不満を抱かざるを得ない環境で奴隷のようにこき使われたため」という実態を、オブラートに包んだ「より高い賃金を求めて」という表現で誤魔化していたのがバレましたと素直に認められない法務省。恥ずかしくないのかい?俺は同じ立場だったら超恥ずかしい。

全くもって、2年前のこのエントリーを書いた時と変わらんな。霞ヶ関と永田町の偉い人と、連中に寄生しているブラック&オールド業界の性根は。

技能実習適正化法は外国人実習生を救わない法律な件について(2016/11/18)

今回の適正化法は、技能実習生という外国人労働者の酷使期間と領域を拡大させただけ。今回の措置は、実習生のざっと50人に1人が失踪するという現状がいたずらに悪化する、暗い未来を引き寄せただけ。


「姐御、姐御。職業選択の自由も待遇改善の権利も制限されて、田舎の中小企業で安い賃金でこき使われて暴発しない外国人って、根っからの奴隷じゃなきゃ神様なのか?」
「奴隷でも神様でもないから、失踪者続出なんでしょ」

本件に限り、おいらは野党側に付く。辻元にデカい顔をさせるのは死ぬほど嫌だが、付かざるを得ない。それほど深い闇の産物やで。この「調査結果」問題は。

失踪実習生調査結果に誤りと公表

外国人労働者受け入れを拡大する入管難民法などの改正案に絡み、法務省は16日、失踪した技能実習生の調査結果に誤りがあったと与野党に明らかにした。「より高い賃金を求めて」との失踪動機が約87%としていたが、修正の結果「低賃金」が約67%を占めたとした。野党は一斉に反発。改正案について、衆院法務委員会は葉梨康弘委員長(自民)の職権で同日午後の実質審議入りを決めていたが、立憲民主党が委員長解任決議案を提出したため散会、見送りとなった。
立憲民主党の辻元清美国対委員長は記者団に「政府の情報開示が不十分なまま、強引に審議を進めようとした」と提出理由を説明した。

(2018/11/16 共同通信)

ここで「(MAD)【ゴブリンスレイヤー】ゴブリン愛のうた」を紹介。

歌声と映像のギャップ大なのに歌詞と現実がだいたいあってるこの不思議。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です