作家の村上春樹氏、ノーベル文学賞の代替賞を「辞退します」

そら、スウェーデン国内の内ゲバ経由でできたやっつけ文学賞なんて、欲しくないよなあ。つか、

「あのねあのね、そもそも村上せんせってノーベル賞に興味ないんじゃないかな?」

毎年、一部のハルキストが勝手に騒いでいるだけで。

今日、本人の「そんな賞いりません」宣言を聞いて余計そう思ったわ。

ノーベル賞の代替賞 村上春樹さんが辞退

選考関係者の不祥事により、今年の発表が見送られたノーベル文学賞の代わりとなる文学賞の発表を目指す団体は15日、最終候補に残っていた日本の村上春樹さんが辞退したと発表した。
この団体はスウェーデンの作家らが設立した「ニューアカデミー」で先月、新たな文学賞の最終候補として村上春樹さんや、ベトナム、イギリス出身の作家らあわせて4人を選んだと発表していた。しかしその後、村上さんから、メディアからの注目を避け、執筆活動に集中したいのでノミネートを辞退したいとの申し出が電子メールであったという。
ニューアカデミーは「残念だが村上さんの判断を尊重する」としており、残る3人の作家の中から10月に受賞者を発表する。

(2018/9/16 日本テレビ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。