「HUGっと!プリキュア」第31話「時よ、すすめ!メモリアルキュアクロック誕生!」感想 ~ 「Hook Up, Girls!」

自分のトラウマ(いじめ→転校)の遠因となったエリ嬢@CV井澤詩織女史との再会を「また友達になるため」と言い切り、今のハグプリ組との「何でもない集合写真」を「二度とこない貴重な今の一瞬」の記念として撮った野乃はな嬢@CV引坂理絵女史。

変えられない過去を許す許さないではなく、現在以上の未来のために今この瞬間を生きる。ルールーさん@CV田村ゆかり女史が愛崎えみる嬢@CV田村奈央女史へ語ったように、空の色の如く移り変わる様々な心を経験しながら。

「人はいじめという闇からどう抜け出せばいいのか」について、ここまで正解に近い展開を描いたアニメ作品はない。少なくとも低年齢層向け・女児向けアニメではないと思う。普通は「イジメた側が反省し」「イジメられた側に詫びて」「イジメられた側がそれを受け入れる」という、単純にして現実離れした三段論法で終わる問題だから。逃げられるテーマだから。


しかし、「HUGっと!プリキュア」は違った。

輝木ほまれ嬢@CV小倉唯女史がはな嬢の正しさを語り、薬師寺さあや嬢@CV本泉莉奈女史がはな嬢を支え、まだ事情を知らないえみルーがはな嬢へ純粋なエールを贈る。それぞれに挫折を体験し、そこから立ち直りつつある仲間たち。その彼女たちと共にある瞬間の尊さを実感したはな嬢。

この数分の展開、この数分に説得力を持たせるために過去30話を描き続けていたからこそ、はな嬢がエリ嬢へ語り掛けた「また友達になりに来た」の一言が輝く。絆のミライクリスタル・チアフルの販促シーン登場シーンでの各プリキュアの叫びが活きる。ラストの集合写真シーンと併せて、なんちゅう尊いモノを魅せてくれたんだ。ハグプリスタッフは。まさに眼福。




ここまで難しいテーマを攻めて、完成度の高いエピソードに仕上げられたら、逆に心配になっちゃうでござる。「ハグプリが文字通りプリキュアの集大成になる」んじゃないかって。杞憂だと言ってよ!バーニィ!(錯乱中)

ちなみに本編とは関係ないけど、「やっぱ綺麗な女の子の綺麗なワキはエロスだよなあ」「withB(違)を無情に切ったジェロス女史@CV甲斐田裕子女史は凶悪だなー。そのおっぱいの谷間の如く!」と感動することも忘れなかったおいら。いいぞ公式もっとやれ(あ、正常だ>自分)。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。