【疑惑の総合地銀】スルガ銀行の不行状バレが止まらない【静岡一のブラックバンク】

スマートデイズやガヤルドといったシェアハウス業者や融資用アパート向けを主とする一連の不正融資、本店営業部行員による顧客預金の不正流用、関東連合その他反社連中とのグレーな関係etcがこれでもかとバレた挙句、遂にこれ。

スルガ銀は長年にわたり、岡野氏の親族らが役員を務める会社などに対し、多額の融資を行ってきた。その一部は、融資の経緯や資金使途に不透明な部分があり、創業家側に流れていた可能性があるという。

これはもうダメだろ。遠からず「スルガ銀行終了のお知らせ」。その際に、静岡銀行が救済合併という「愛の手」を差し出すかどうかは分からんけど、

「サッカーのスルガ銀行チャンピオンシップは今年限りだろうね」

多分ね。少なくともこの名前ではね。

スルガ銀、創業家側へ不透明資金か 金融庁が検査

シェアハウス融資で多数の不正があったスルガ銀行(静岡県沼津市)への金融庁の検査で、創業家とかかわりのある会社などとの取引をめぐり、不透明な資金の流れが浮上していることがわかった。金融庁は、資金の一部が岡野光喜会長兼CEO(最高経営責任者)ら創業家側に流れた可能性があるとみて解明を進めている。
4月からの金融庁の立ち入り検査は8月中に終わる見込みだったが、不透明な資金の流れの解明のため長びいている模様だ。
関係者によると、スルガ銀は長年にわたり、岡野氏の親族らが役員を務める会社などに対し、多額の融資を行ってきた。その一部は、融資の経緯や資金使途に不透明な部分があり、創業家側に流れていた可能性があるという。
金融庁は、少なくとも10億円規模の資金について使途などがはっきりしないとみて、スルガ銀に詳しい説明を求めた模様だ。資金を不正に流用したと判明すれば、流用先からの返済を求めることになりそうだ。

(2018/8/31 朝日新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です