牛歩よりはマシかねえ ~ 枝野幸男代表@立憲民主党、安倍内閣不信任決議案の趣旨弁明演説2時間43分

 衆院では、記録が残る1972年以降で最長の演説となった。

お疲れさん。

ホントにホントにお疲れさん。

ムダに疲れただけだったけどね☆彡

それでも牛歩戦術よりはマシか。アレは本当につまらん「時間稼ぎ芸」だった。

立憲民主の枝野代表演説2時間43分、衆院最長

立憲民主党の枝野幸男代表は20日、衆院本会議で安倍内閣不信任決議案の趣旨弁明に立ち、2時間43分にわたって演説した。
衆院では、記録が残る1972年以降で最長の演説となった。
衆院のこれまでの最長は、立憲の西村智奈美氏が今年5月に加藤勝信厚生労働相不信任決議案の趣旨弁明を行った際の2時間6分で、枝野氏はこれを37分上回った。参院では2004年に自由党の森裕子氏が3時間1分の演説を行っている。

(2018/7/20 時事通信)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。